調査

HTTPからHTTPSへ--暗号化ベースの攻撃は増加の一途:Kaspersky

NO BUDGET 2016年11月17日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Kaspersky Labは、11月9日、2016年第3四半期のDDoS攻撃分析レポートを発表した。これによると、DDoS攻撃用指令サーバ数と攻撃を受けたリソース数の両方において、同年第2四半期と同様、中国、米国、韓国がトップ3という結果となった。

 この観測調査には、Kaspersky DDoS Intelligenceが使われた。同システムは、指令サーバからボットに送信されるコマンドを捕捉・解析しDDoS攻撃を早期に検知する。

 日本のリソースに対する攻撃は前四半期対比で1.0ポイント増加している。さらに米国は9.8ポイント、イタリアは1.0ポイント増加している。中国と韓国に対する攻撃はそれぞれ8.7ポイント、2.3ポイント減少した。最も多く攻撃されたのは、中国で人気の検索エンジンで、19回におよび、最長の攻撃は184時間にわたった。


DDoS攻撃の指令サーバーが設置された国別割合トップ10 2016年第3四半期と2016年第2四半期の比較)

DDoS攻撃を受けたリソースの国別割合トップ10 (2016年第3四半期と2016年第2四半期の比較)

 欧州では、イタリアとドイツが、1年ぶりに指令サーバが設置された国トップ10に入り、関連する動向として、英国、フランス、オランダの指令サーバ数も増加している。また、攻撃手法では、SYN-DDoSの攻撃数が5.5ポイント増加し全体の81%を占めた。一方、TCP-DDoS攻撃は8.2%、ICMP-DDoS攻撃は1.66%とそれぞれ低下している。

 同レポートによると、Linuxベースのボットネットによる攻撃は、Windowsベースの攻撃と比べ増加傾向にある。第3四半期は、過去1年間で最高の79%の増加となった。Kaspersky Labでは、この現象は、LinuxベースのIoTデバイスがDDoS攻撃に利用されるケースが増えていることが影響しているとしている。


トネット指令サーバが設置された国別の割合(2016年第3四半期)

 Kaspersky Labでは、ユーザーとウェブリソースの接続が、従来のHTTPからHTTPSへと移行している中、暗号化ベースの攻撃は増加の一途をたどると考えられるとし、開発者はDDoS対策の保護手段の見直しに早急に着手する必要があると指摘している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算