調査

「利用した」シェアエコノミーは「Airbnb、Uber、Laxus」--MMD調査

NO BUDGET

2016-11-20 07:00

 MMD研究所は11月8日、「シェアリングエコノミーサービスに関する調査」の結果を公表した。同調査は、15歳~69歳の男女4,412人を対象に2016年10月21日~10月22日の期間で実施された。

 調査結果によると、シェアリングエコノミーサービスの利用経験は7.3%で、利用したことがあるサービスの上位は「Airbnb、Uber、Laxus」の順となり、「Airbnb」と「Uber」が38.1%と最も多く、次いで「Laxus」が26.6%となった。


 シェアリングエコノミーサービスの認知・利用の有無にかかわらず、各サービスの説明を行った上で興味の有無を聞いたところ、「興味がある」と回答した人は41.2%だった。

 また、興味があると回答した1,819人を対象に、利用してみたいサービスを複数回答で聞いたところ、「Uber」が28.1%と最も多く、次いで「UberEATS」が25.6%、「akippa」が24.2%となった。



 シェアリングエコノミーサービスを利用したいと回答した1604人を対象に、同サービスを「提供される側」、「提供する側」どちらの立場で利用したいかを聞いたところ、「提供される側として利用したい」と回答した人が41.5%で最も多く、「提供する側として利用したい」が12.7%だった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]