編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

HPE、中小企業向けのハイブリッドIT製品群を拡充

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-11-15 10:59

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は米国時間11月14日、中小企業向けのハイブリッドIT製品群である「HPE StoreEasy Storage」や「HPE ProLiant Easy Connect」「HPE Flex Solutions」の拡充を発表した。

 これによりHPEはストレージに関して、Microsoftの「Windows Storage Server 2016 Standard Edition」とIntelの最新「Xeon」プロセッサ、高速メモリを搭載した新たなコンフィギュレーションをStoreEasyのポートフォリオ全体に加えることになる。

 またHPEは、同社のProLiant Easy Connectハイブリッドクラウドプラットフォームに対する拡張とともに、「Microsoft Azure」を用いた統合クラウドバックアップ機能の追加も発表している。

 さらに同社は、企業によるワークロードの統合とともに容量の最大化を支援するために、データの重複排除と圧縮によるデータ削減機能を強化したと述べている。「HPE StoreEasy 1650 Expanded」は新たに10テラバイトのドライブバンドルをサポートし、内部容量を280テラバイトにまで増強できる。またStoreEasy製品群では、大規模ファイルに対する中間者(MITM)攻撃を防ぐために暗号化処理のパフォーマンスを強化している。

 そして、Flex Solutionsも刷新し、ハイブリッドフラッシュシステム「HPE MSA 2042 Storage」に対応するとともに、「Microsoft SQL Server 2016」のサポートを追加した。

 サーバに関しては、ProLiant Easy Connectのポートフォリオが拡張されている。ProLiant Easy Connectは、中小企業向けに、統合されたコンピュート、ストレージ、ネットワーキングとともに、仮想化およびクラウド管理サービスを提供する。

 このサーバ製品には、「HPE ProLiant Easy Connect ML110 Managed Hybrid Server」が加わり、サイトあたり最大150ユーザーに対応し、企業がクラウドベースおよびオンプレミスのアプリケーションの管理に関してより適切に制御できるようにしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]