編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
ユーザー体験と内製化の関係

「働く仲間を増やすために魅力的であれ」--マネーフォワードの採用戦略 - (page 4)

越川 直人

2016-11-29 07:00

 記事では、フルタイムのRubyコミッターである卜部が社内に対して、エンジニアとなったきっかけから今実施していること、将来挑戦したいことなどを掘り下げます。Ruby言語界では有名な、『Rubyist Magagize(るびま)』「Rubyist Hotlinks」を彷彿させる長文であり、語ったことをそのまま示し編集を最小限とすることで臨場感を保つようにしています。なお、編集自体も社内で担っています。

 活躍のイメージは現場の臨場感から生まれます。

 ところでインタビューする相手(インタビュイー)はどう選出するとよいでしょうか。当社のエンジニアインタビューはエンジニア自身のアウトプットへのきっかけにもなって欲しいと考えています。当社を象徴するようなエンジニアではあるが、知る人ぞ知るようなエンジニアが外に出るキッカケとなるようにもインタビュイーを決めています(自身で積極的にアウトプットする人は後回しで良いかもしれません)。

モチベーションコントロールの秘訣を知る

 評価制度を発足し整備させることも大事ですが、一人ひとりが積極的にモチベーションをコントロールするための行動が大事です。制度としての面談以外にも1on1を行うメンバーも増えてきました。大事なことは、制度は守るだけでなくそれを1人1人がどう運用していくかです。

 1on1は、目標の進捗確認をしてしまいがちですが、大事なのはモチベーションのコントロールだと考えています。モチベーション、つまり動機付けには内発的動機付けと外発的動機付けがありますが、せっかくの1on1は自身の内発的動機付けをドライブするようなふりかえりをすると効果的です。


 振り返りのツールとしてはKPTがおすすめです。KPTとは、良かったこと(Keep)、うまくいかなかったこと(Problem)、改善するために試すこと(Try)に分けて考える振り返りのフレームワークです。働く上でモチベーションは大事です。モチベーションをコントロールするためには、日頃から以下を明確にしていくことが必要です。

  • 自分は何をしたいのか
  • 自分は何を考えているのか
  • 自分は何をしているのか

 そういったことを常にふりかえり、考え、より良くすることが大事です。そのために、定期的な振り返りをおすすめしています。

 振り返りの際には、 以下のような問いかけが大事です。

  • なぜ、Problemなのですか?
  • どうすれば、解決すると思いますか?
  • もっとKeepに挙げられる良い点はありませんでしたか?

 振り返りは自身の言葉ですることが大事です。特にTryは自らの意志で、次どうしてみるとより良い成果が出るのかを考えることです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]