「作らない社内システム」

ワークスタイル変革に必要なファイルサーバ「クラウド化」の条件 - (page 2)

宮澤 慶 2016年11月21日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウド型ストレージサービスの検討と導入

 クラウド型ストレージサービスを導入するにあたり、以下の要件をクリアするサービスを利用したいと考えていました。

  • ファイルの集中管理
  • ファイルの権限管理
  • どこからでも安全にアクセス可能

 なぜなら、クラウド型のストレージサービスはさまざまに存在しており、そのサービスごとに仕様などが異なるため、どの製品を導入するかによって運用を考える必要があったためです。もう少し細かく要件を見ていきましょう。

集中管理

 一般的なクラウド型ストレージサービスの場合、各個人ごとのアカウントでファイルを保管し、それぞれがクラウドに同期されるというサービスが多く存在します。

 この場合、ファイルの保管が個々人に依存し、共有する場合はそのユーザー側で個別に共有で設定する必要があり、どのファイルが誰に共有されているかを把握することが非常に難しくなります。結果的に一元管理が実現できません。

 そのため、ファイルの保管場所は1つで、アクセス制御などが管理者側で適切に設定できるサービスを利用したいと考えました。

権限管理

 前述のとおり、社内のActive Directoryは存在しないため、クラウドサービス側で権限をコントロールする必要がありました。

 ファイルを一元管理するため、経営情報や人事情報なども含めたファイルも扱うことになり、柔軟でかつ細かくフォルダやファイルへのアクセス権を設定できることが非常に重要です。

どこからでも安全にアクセス可能

 われわれのオフィスは元々は東京だけでしたが、名古屋、大阪、福岡、仙台と増えたことにより、一元管理されたファイルをどの拠点からもアクセスできる必要がありました。

 あわせて、営業メンバーの提案書など、外出先でファイルを編集できるようにしたいということもあり、場所にとらわれずに、どこからでも利用できるということも重要でした。

 これらの条件をすべて満たしているサービスは「Box」でした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算