The Linux Foundation、LinuxConやCloudOpenなど複数イベントを統合

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-11-18 10:48

 The Linux Foundationは米国時間11月17日、「LinuxCon」と「CloudOpen」「ContainerCon」というイベントを統合し、「The Linux Foundation Open Source Summit」として開催すると発表した。

 また同組織は最近になって、自らを語る際に「Linux」という言葉を前面に押し出すのではなく、「大規模コラボレーションに向け、プロフェッショナルなオープンソース管理を推し進める非営利組織」という表現を用いるようになっている。Apache Foundationのイベントの運営支援も含め、傘下のプロジェクトがどんどん増えているため、今回の発表は驚くに値しないはずだ。

 なお、北米と欧州で開催されるThe Linux Foundation Open Source Summitでは、「Community Leadership Conference」というまったく新たなイベントも予定されている。

 The Linux Foundation Open Source Summitのイベントスケジュールは以下の通りだ。

  • 「The Linux Foundation Open Source Summit Japan」:2017年5月31日~6月2日、東京で開催
  • 「The Linux Foundation Open Source Summit North America」:2017年9月11日~9月13日、カリフォルニア州ロサンゼルスで開催
  • 「The Linux Foundation Open Source Summit Europe」:2017年10月23日~10月25日、チェコ共和国のプラハで開催

 Open Source Summitで新たなイベントとして開催されるCommunity Leadership Conference(北米と欧州のみ)は、生産性が高く活気のあるオープンソースコミュニティーを作り上げるために世界規模でコンテンツやネットワーキングを提供することを目指すものだ。Community Leadership Conferenceは、コミュニティーの戦略や管理の分野において世界的に著名で、コミュニティー運営を扱った書籍「The Art of Community」(「アート・オブ・コミュニティ--『貢献したい気持ち』を繋げて成果を導くには」)の著者でもあるJono Bacon氏が統括する。

 上述した3つのOpen Source Summitイベントの登録受付は12月に始まる予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]