編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

シトリックス、「ShareFile」をアップデート--ドキュメントのワークフローを効率化

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-11-18 11:25

 Citrix Systemsは米国時間11月17日、ファイルの同期および共有サービスである同社の「ShareFile」に新機能を追加したと発表した。これら新機能によって、ドキュメントのワークフローの効率化とともに、チーム間での生産性の向上やコラボレーションの促進を支援できるという。


提供:Citrix

 新たな特長として挙げられているもののなかには、フィードバックや承認のための組み込み型ツールや、ウェブベースの新たなダッシュボードとインターフェース、ウェブブラウザ上でPDF形式などのファイルをプレビューする機能などがある。

 Citrixによると、刷新されたダッシュボードとインターフェースにより、ShareFile上のさまざまなツールや機能すべての操作性が向上するという。

 Citrixは、ShareFileのプラットフォームやツールに対するリリースを、この四半期だけで40回近く実施している。例を挙げると、ShareFileのファイルを電子メールに添付する方法に対するアップデートや、新たなクラウドコネクタの追加、「Office 365」に対するデスクトップアプリからのアップロードやダウンロードのサポートなどがある。

 CitrixはShareFileを企業のモバイルオフィス化やデジタルオフィス化を支援するツールとして売り込んでいる。デジタル化という考え方は、今日の状況を考えると十分にシンプルだが、驚くほど多くの企業(IDCの統計では推定80%)が、いまだに紙ベースの文書処理を行っているという。

 Citrixは、同社のGoTo事業をスピンオフさせ、LogMeInと統合すると発表した後、改めてコアビジネスに注力している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]