編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
米ZDNet編集長Larryの独り言

クラウド支出の35%が無駄に費やされている--RightScale調査

2016-11-21 13:46

 クラウド管理サービスのRightScaleによると、インスタンスの過剰なプロビジョニングや最適化がされていないことから、おおよそ35%のクラウドコンピューティング支出が無駄になっているという。


提供:RightScale

 このデータはRightScaleのクラウドコスト最適化サービスから集計したものだ。それによると、以下のことがわかったという。

  • クラウド支出のうちコンピュート関連が76%を、データベースは15%を占めている。ネットワークは3%で、ストレージが2%、残る4%は「その他」となっている。
  • インスタンスへの支出は2016年の初めから76%増加している。
  • 「Amazon RDS」への支出が増加し始めている。
  • 企業の多くが24時間365日インスタンスを動かし続けてている。
  • 39%のインスタンス支出が、CPUとメモリの稼働率が40%以下の仮想マシンに充てられている。
  • AWSインスタンスのわずか19%がリザーブド(予約)で利用されている。
  • 企業は使用していないストレージをクリーンナップしておらず、クラウド支出の7%がアタッチされていないストレージと古いスナップショットに費やされている。

 RightScaleが示すデータは重要であり、「AWS Lambda」などサーバレスサービスの考え方にも触れておく必要がある。表面上、これらマネージドサービスは高価に見えるが、効率性が増すという効果は重要だ。

 重要ポイント:企業はガバナンス、使用管理、スケジューリング、自動拡張、ストレージポリシー、リザーブドインスタンスなどにもう少し注意を払う必要がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]