編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
さとうなおきの「週刊Azureなう」

【Azureなう 11/25号(前編)】App Serviceがコンテナをサポート

佐藤直生

2016-11-25 12:32

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊Azureなう」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

Connect(); 2016 開催

 11月16~17日に、開発者イベント「Connect(); 2016」が開催されました。今回の記事で取り上げるAzure関連の多数の発表の他にも、Visual Studio for Macをはじめとする多くの発表がありました。

 Connect(); 2016のウェブサイトChannel 9ページで、基調講演やセッションのビデオを視聴できます。

 また、今週の11月21日には、東京で「Connect(); Japan 2016」を開催しました。私も、AI開発セッションで登壇しましたよ。2つの基調講演の記事 (「『好みのデバイスで好みの開発言語を』--新しいVisual Studioの世界」「LinuxやmacOSからもSQL Serverにアクセス--マイクロソフト北川氏が解説」)も公開されているので、是非ご覧ください。

 それでは、Connect(); 2016での発表を中心に、先週のアップデートをご紹介していきましょう。

Azure App Service:App Service on Linux(プレビュー)がコンテナ、ASP.NET Coreをサポート

 Azure App Serviceは、ウェブアプリケーションやWeb API、モバイルバックエンドをホストするためのPaaSです。

 Azure App Serviceは、Windows Server、IIS上でASP.NET、PHP、Node.js、Java、Pythonをサポートしていました。そして、10月にプレビューがリリースされたApp Service on Linux(記事ブログポスト)は、Linux上でNode.js、PHPをサポートするようになっていました。

 今回、App Service on Linuxが、PHP、Node.jsに加えてASP.NET Coreをサポートするようになりました。

 また、独自のDockerコンテナイメージを持ち込むことができるようになりました。App Service on Linuxは、PHP、Node.js、ASP.NET Coreをサポートするためにぞれぞれに対応するDockerコンテナイメージを使っています。これらのイメージを基にカスタマイズしたイメージや、これらのイメージとは別のイメージを使うことができます。イメージは、Docker Hubや(Azure Container Registryなどの)プライベートレジストリからロード可能です。

 これによって、App Service on Linuxで、デフォルトでサポートされているPHP、Node.js、ASP.NET Coreだけではなく、Linux上で動作する任意のウェブアプリケーションスタックを使えるようになりますね。

 詳細は、Azure Blogのポスト「App Service on Linux now supports Containers and ASP.NET Core」、ドキュメント「Introduction to App Service on Linux」「Using a custom Docker image for App Service on Linux」をご覧ください。


Azureポータルでの、App Service on Linuxに対するDockerコンテナイメージの指定

Azure Functionsが一般提供に

 Azure Functionsは、C#、Node.js、Pythonなどで書かれた「関数」を実行できる、サーバレスアーキテクチャのサービスです。

 Azure Functionsは、3月のBuildカンファレンスで発表されてプレビューが開始されており、その後、継続的に機能拡張を続けてきました。

 今回、Azure FunctionsがGA(一般提供)となりました。現在、C#、JavaScriptの関数のサポートがGAとなっており、F#、PowerShell、PHP、Python、CMD、BAT、Bashの関数のサポートは、引き続きプレビューのままです。

 また、Azure Functions CLIのベータを使うことで、ローカルで関数の作成、実行、デバッグが可能になり、Visual Studio Codeとの統合も可能になりました。Azure Functions CLIは、現在、Windowsのみをサポートしていますが、今後、Mac、Linuxもサポート予定です。

 近いうちに、Visual Studioのサポートも、プレビューとして利用可能になる予定です。これを使うと、Visual Studioで関数の新規作成、開発、ローカル/リモートデバッグ、Azureへの発行が可能になります。

 Azure Functionsの関数では、(Blob Storage、Table Storage、Event Hubs、Service Busといった)Azureサービス、(OneDrive、DropBoxといった)外部サービスへのバインディングを簡単に設定できます。バインディングを使うことで、たとえば、Blob Storageにファイルがアップロードされたら関数が実行されるように設定できます。

 プレビューとして提供されているSendGrid、Twillio、Box、DropBox、Google Driveのバインディングは、バインディング拡張性フレームワークを使って構築されています。このバインディング拡張性フレームワークを、来年にプレビューとしてリリースする予定です。

 Azure Functionsの1時間試用版を使うと、登録の手間なしに簡単にAzure Functionsを試せるので、是非お試しください。詳細は、Azure Blogのポスト「Azure Functionsの一般提供を開始」をご覧ください。


Azure Functionsの1時間試用版

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]