編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

米大手から極小スタートアップまで参入--金融視点の2017年展望 - (page 2)

松下康之

2017-01-02 07:00

 次はVisaが始めたChainのブース。ChainはVisaによるブロックチェーン技術を使ったデジタルカレンシーだが、ここではVisa本体とは別に単独のブースを展開していた。

 他にもZelleという北米の大手銀行が参加するP2Pのペイメントシステムがブースを出していた。ZelleはJPMorgan Chase、Bank of America、Wells Fargoが始めたジョイントベンチャーだが、最近、PayPalに買収されたVenmoと比較されることが多いようだ。

 4日のキーノートに登壇したPayPalの最高経営責任者(CEO)のプレゼンテーションによれば、競争相手がいることは人々がキャッシュやパーソナルチェックを使うことを減らし、多くの人がモバイルペイメントに移行することを促すため、歓迎すべきことだという。競合とのシェア争いよりも、まずは市場を広げたいというメッセージだろう。ただ、Venmoは先行者として若い世代を中心に利用者を獲得しているという。


Chainのブース

Zelleのブース

 IT系ではIBM、Intelなどが出展していた。また日系企業もNTTデータ、富士通、EPSON、STAR精密などがブースを展開していた。


NTTデータのブースはレーシングカーを展示していた。効果のほどは?

IBMのブース。隣は富士通

インドからもInfosysが参加

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]