編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
さとうなおきの「週刊Azureなう」

【Azureなう 11/25号(後編)】Azure MLが東日本リージョンで利用可能に

佐藤直生

2016-11-26 07:00

 前編からの続きです。この後編では、データ処理/分析関連のサービスのアップデートをまとめていきます。

AzureがOpenAIの推奨クラウドプラットフォームに選定

 OpenAIは、人工知能 (AI)のさらなる進展を目的として、2015年12月にイーロン・マスク氏らによって設立された非営利目的の研究機関です。

 今回、AzureがOpenAIの推奨クラウドプラットフォームに選定されました。前編で紹介したNVIDIA GPUのVMインスタンス「Nシリーズ」を使い、数千台から数万台のVMでディープラーニングの研究をおこなっていくとのことです。OpenAIの成果に期待したいですね。

 詳細は、Official Microsoft Blogのポスト「Advancing our ambition to democratize artificial intelligence」、OpenAI Blogのポスト「OpenAI and Microsoft」をご覧ください。


Microsoft AI and Research GrouのHarry Shumと、OpenAIのSam Altman

Azure Machine Learning:東日本リージョンで利用可能に

 機械学習サービス「Azure Machine Learning」は、米国中南部、西ヨーロッパ、ドイツ中部、東南アジアリージョンで利用可能でした。

 今回、東日本、米国東部2リージョンでもAzure Machine Learningが利用可能になりました。

 詳細は、Cloud and Server Product Japan Blogのポスト「東日本リージョンでAzure MLの提供を開始」、Cortana Intelligence and Machine Learning Blogのポスト「Azure ML Available in Japan East and US East 2」をご覧ください。


Azure Machine Learningワークスペースの新規作成

Azure Bot Serviceのプレビューをリリース

 3月のBuildカンファレンスで、Skype、Slack、Facebook Messengerなどさまざまなチャネルに対応可能なチャットボットを開発するためのフレームワーク「Microsoft Bot Framework」のパブリックプレビューがリリースされていました。Microsoft Bot Frameworkでは、C#やNode.jsなどで実装したWeb APIを、Azure、あるいは他の環境にデプロイする必要がありました。

 今回発表されプレビューがリリースされたAzure Bot Serviceは、このMicrosoft Bot Frameworkと、今回GA(一般提供)になったサーバレスコンピューティングサービス「Azure Functions」を組み合わせたボットサービスです。

 Azure Bot Serviceを使うと、Azureポータル内のUIで、ボットの開発、チャネルの設定、ボットの登録など、さまざまなタスクを行うことができます。Azure Bot Serviceは、Azure Functions上に構築されているので、自分でサーバを管理する必要がない、実際に呼び出された回数を基に課金されるといったAzure Functionsの利点をそのまま享受できます。

 従来通り、Language Understanding Intelligent Service(LUIS)などのMicrosoft Cognitive ServicesのAPIを活用することで、ボットにインテリジェンスを組み込むこともできます。

 Azure Bot Serviceは、東日本、西日本リージョンでも利用可能です。Azure Bot Serviceによって、ボットの開発と運用がますます簡単になりますね。

 クロスプラットフォームのBot Frameworkエミュレータ(以前はWindowsのみに対応)やBot Builder SDKのアップデートなど、Microsoft Bot Framerowkには他にもいくつかのアップデートがあります。

 詳細は、Azure Blogのポスト「クラウド初の『サービスとしてのボット』を Microsoft Azure からリリース」、Bot Framework Blogのポスト「Microsoft Bot Framework November Update – Cross Platform Emulator App, Enhanced Direct Line REST API, Updated SDKs, Card Types and new Azure Bot Service (Preview)」、記事「マイクロソフト、『Azure Bot Service』のプレビュー版を公開」をご覧ください。


Azure Bot ServiceのUI

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]