編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら
日本株展望

米国が円安を許容するか問題視するか--ドル円為替レートの適正水準

ZDNet Japan Staff

2016-11-29 10:58

今日のポイント

  1. 日米金利差拡大を受けて、11月から急激な円安(ドル高)が進行。世界経済の回復期待が高まり、「リスク・オンの円安」が進んだ面もある
  2. 米国がどこまで円安を許容するかが、今後のドル円を決める鍵。トランプ次期大統領および米政府筋から、今のところ円安批判は出ていないが、いずれ批判が復活する可能性もある
  3. 米政府から円安批判が出なければ、日米金利差拡大を受けて1ドル117円まで円安が進む可能性がある。ただし、そうなる前にトランプ氏または米政府筋から円安批判発言が出ると、円安進行に歯止めがかかる。トランプ発言に要注意

 これら3点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

日米金利差が拡大する局面では、ドル高(円安)が進みやすい

 ドル円為替レートを動かす最も重要な要因は、日米金利差だ。11月に、円安(ドル高)が急伸したのは、米金利が上昇する中、日本の金利が低位にとどまり、日米金利差が拡大したことによる。今後、日米金利差がさらに拡大する思惑から、金利の低い日本から、金利の高い米国へマネーが動いた。

日米2年金利(2年国債利回り)と金利差の推移:2008年1月~2016年11月(28日まで)

金利差
(注:楽天証券経済研究所が作成)
(注:楽天証券経済研究所が作成)

 上の図から、日米金利差が縮小した2008~11年に円高(ドル安)が進み、日米金利差が拡大しつつある2012~15年に円安(ドル高)が進んでいることがわかる。

 ただし、ドル円は、日米金利差だけで動いているわけではない。2016年には、日米金利差が縮小しているわけではないのに、一時大幅な円高(ドル安)が進んだ。これには、以下2つの理由がある。

  1. 2016年に入ってから米景気が減速し、ドル長期金利が低下したため、日米金利差が縮小する思惑が生じた
  2. 世界景気が悪化し、世界的に株が下がる中、「リスク・オフの円高」が進んだ

 「リスク・オフの円高」について詳しい解説をご覧になりたい方は4月5日の記事「円が「安全資産」として買われるのはなぜか--読者の質問に回答」を参照してほしい。

 足元、円安(ドル高)が復活しているのは、トランプノミクス(トランプ次期大統領の経済政策)への期待で、米景気の回復期待が高まったことによる。また、世界景気の回復を映し、「リスク・オフの円高」が収まり、「リスク・オンの円安」が復活しつつあることも影響している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]