AWS、ヴイエムウェアとの統合パートナープログラムを発表

Stephanie Condon (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2016-11-30 10:45

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間11月29日、VMwareとの新たな統合パートナープログラムを2017年に展開していくと発表した。両社は10月に戦略的提携関係を結んだばかりだ。

 この発表は、ラスベガスで開催中のAWSの年次カンファレンス「AWS re:Invent 2016」での「Global Partner Summit」の基調講演でなされた。

 AWSのワールドワイドパートナーエコシステム担当ディレクターのTerry Wise氏はこの他にも、公共部門向けの新たなパブリックプログラムを開始すると発表した。同氏は、この取り組みが公共部門における同社の取り組みの延長線上にあると位置付け、GTM(Go-To-Market)戦略に向けたさらなる投資とともに、非営利団体や教育機関のパートナーに向けたプログラムの拡張についても言及した。

 既に400社以上のパートナーが認定されており、そのなかにはOktaのようなソフトウェア企業や、Booz Allen Hamiltonといったコンサルティングパートナーも含まれている。

 Wise氏は、AWSのグローバルパートナーエコシステムが急速に成長していると述べ、その例としてAWSのマネージドサービスプロバイダー事業が前年比で130%を超える成長を、同社のコンサルティングパートナー事業は前年比で110%の成長を見せていると述べた。現在ではパートナーの3分の2近くが米国外の企業で、エンタープライズや公共部門の市場で著しい成長がみられると、Wise氏は述べる。

 さらに同氏は、AWSの顧客によるイノベーションの例として、IoT分野におけるC3 IoTの取り組みや、自動車分野におけるZeroLightの取り組みについて語った。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]