座談会@ZDNet

AWSに負けずに新規事業を成功させる方法--次世代SIer座談会(3)

山田竜司 (編集部) 小船井健一郎 2017年02月10日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 何を提供し、どのようなビジネスモデルならこれからも多くの企業に必要とされる存在であり続けることができるのか。先進的な取り組みをしているSIerがこれまでの取り組みや展望を語る。今回は3回目(第1回)、(第2回)。参加者は以下の6人。

参加者

  • NTTコミュニケーションズ エバンジェリスト 林雅之氏
  • セゾン情報システムズ常務取締役 最高技術責任者(CTO)小野和俊氏
  • クリエーションライン 代表 取締役社長、安田忠弘氏
  • アイレット(クラウドパック) 執行役員 エバンジェリスト 後藤和貴氏
  • アバナード ケイパビリティ・デベロップメント・ディレクター 和田玄氏
  • 司会 ZDNet編集部 山田竜司

上司に新規事業をやれと言われたら

――SIerの中で上司に「新規事業をやれ」と言われたらどうすればいいのでしょうか。


アイレット(クラウドパック) 執行役員 エバンジェリスト 後藤和貴氏

 小野氏:新規事業をやるというのはそもそもベンチャーを立ち上げるようなものなので、難しい。「SIerあるある」として、ある日いきなり名刺に「新規事業担当」と書かれるというのがあります。他社にもそういう人がいて、新規事業担当同士で会って「今後とも情報交換をよろしくお願いします」と言い合って帰る。だけどお互いに情報も経験もないから、交換するものが何もない。だから、そんなことをしてもまったく意味がない。

 前に話題になった、CIAのスパイ・マニュアルがありますよね(Simple Sabotage Field Manual)。これは敵国の企業をサボタージュするためのマニュアルで、「とりあえず委員会をつくらせる」などと書かれているのですが、新規事業でもそれと同じような様相を呈する。

 ベンチャーもそうですけど、ハコをつくればうまくいくかというとそんなことはない。人数をそろえてもお金を入れても、あるいは担当のポストをつくっても、必ずしもうまくいかない。だから、チームをつくればうまくいくということも全然ない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算