編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
AWS re:Invent

AWS、仮想プライベートサーバサービス「Amazon Lightsail」を発表

ZDNet Japan Staff

2016-12-01 13:37

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間11月30日、仮想プライベートサーバ(VPS)サービス「Amazon Lightsail」を発表した。数クリックで起動できる容易さと他のAWSサービスへのアクセスなどが特徴だ。

 新サービスとなるAmazon Lightsailでは、開発者はストレージのプロビジョニング、IDとアクセス管理(IAM)などの面倒な設定作業を自分で行う必要はない。

 SSDベースのストレージ、DNS管理、固定IPが事前設定されており、数クリックで開始できる。AWSネットワーク上で動くことから、速度と安全性にもすぐれるという。S3、RDS、DynamoDB、CloudFrontなど他のAWSへのアクセスも可能だ。

 OSはAmazon Linux AMI、Ubuntu、CentOS、FreeBSD、Debian、開発環境はLAMP(Linux、Apache HTTP Server、MySQL、PHP)、LEMP(Linux、Nginx、MySQL、PHP)、JavaScriptソフトウェアスタックMEAN(MongoDB、Express.js、Angular.js、Node.js)、アプリケーションはDrupal、Joomla、Redmine、GitLabなどを立ち上げることができる。

 米国東部(バージニア北部)リージョンで30日に提供を開始した。価格は月額5ドル(メモリ512Mバイト/1Coreプロセッサ/SSDディスク20Gバイト/データ転送量1Tバイト)から。このほか、月額10ドル、20ドル、40ドル、80ドルの全5種類が用意されている。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]