編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

新規問い合わせ率が約2.5倍に--AIがサイト改善策を提案

NO BUDGET

2016-12-01 16:50

 コンテナやマンスリーマンションの賃貸事業を展開するイコム(埼玉県)は、ウェブサイトのデータを分析し、改善施策を提案する人工知能(AI)「AIアナリスト」を導入し、新規の問い合わせ率を約2.5倍に向上した。

 WACULが提供するAIアナリストは、アクセス解析ツール「Google Analytics」のデータをもとに自動でウェブサイトを分析し、サイト改善の方針を提案する。イコムのウェブサイトでは、クリックすると電話やメールでの問い合わせにつながるバナーを設置し、問い合わせ導線を作成することや、成果につながりやすいキャンペーンへの導線を増やす、コンテナ一覧にランキングを載せるなどの提案が行われた。

 イコムでは、AIアナリストの導入について、工数を削減するだけでなく、社内にウェブサイト改善のノウハウが蓄積されることも評価した。また、充実したサポート体制も導入の決め手になったとしている。

改善前と改善後のウェブサイト
改善前と改善後のウェブサイト

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]