編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「SDNで日本のIIoTを底上げしていく」--ミドクラ新社長に元レッドハット廣川氏

羽野三千世 (編集部)

2016-12-01 14:41

 OpenStack向けのSDN(Software-Defined Networking)システム「MidoNet」を開発するMidokuraは12月1日、ミドクラジャパンの代表取締役社長に、元レッドハット 代表取締役社長の廣川裕司氏が就任したと発表した。これまで日本法人の代表取締役(グローバルの取締役会長を兼務)だったMidokura共同創業者の加藤隆哉氏は、引き続きグローバルの取締役会長を務める。

 廣川氏は、日立製作所、サン・マイクロシステムズ、日本BEAシステムズを経て、2008年2月から2015年6月までレッドハット 代表取締役社長を務めた。2016年6月にレッドハット 会長職を退任して同社を退職。11月にミドクラジャパンに入社し、12月1日付けで代表取締役社長に就任した。

 取材に対して、廣川氏は就任の抱負を次のように語っている。

 「クラウド、IoT、ビッグデータなど、これからのITの世界はすべて“ネットワーク”が核になる。Midokuraが開発するSDNのテクノロジを、OpenStackの世界だけでなく、IoT、インダストリIoT(IIoT)の分野にまで広げていくのが目標。日本発のSDNテクノロジ企業として、ネットワークの力で国内のIoT、IIoTのレベルを底上げしていくのが私の役割だ」

 Midokuraは、2010年に東京で創業した企業で、現在はスイスに本社を構える。米国メンローパーク、スペイン・バルセロナ、東京の拠点で、OpenStackの仮想ネットワーク管理コンポーネント「Neutron」のプラグインとしてMidoNetを開発している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]