日本株展望

日ロ経済協力が実現した場合の日本のメリットは何か?

ZDNet Japan Staff 2016年12月07日 11時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のポイント

  1. 安倍首相は日ロ経済協力の実現を目指して努力しているが、北方領土問題やウクライナ紛争が未解決であるため、簡単には実現しそうにない。日本がロシアとの関係を深めることを米国が許容するかも未知数
  2. 日ロ経済協力が実現し、サハリンからパイプラインによって安価なガスが入ってくるようになると、日本の電力料金引き下げに貢献する。天然ガスを原料として使えば、日本の化学産業のコスト競争力を改善することもできる。日本企業がロシアで資源開発やプラント建設などのビジネスを獲得する可能性も高まる

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

日ロ経済協力は進むか?

 読者の方から「日ロ経済協力のメリットについて解説してほしい」とコメントをいただいた。今回は、そのご質問にお答えする。

 安倍内閣は発足以来、北方領土の返還実現と日ロ経済協力の推進を重要な政策課題と位置付けてきた。2014年に“ウクライナ紛争”が起こったために交渉は一時頓挫したが、水面下で交渉は続いている。

ウクライナ紛争

 2014年2月、ウクライナで親欧米派が政権を握ると、親ロシア派との対立が激化した。ロシアは3月に親ロ派住民の多いクリミアに侵攻し、ロシアに編入。さらにウクライナ政府と親ロ派武装勢力との内戦で親ロ派支援を続けている。欧米はロシアのこの行為に対し、経済制裁を発動、日本も制裁に参加。対ロ経済制裁は今も継続している。

 ウクライナ情勢はとりあえず小康状態にあり、日ロ交渉が再び進展する気配がある。米大統領選でロシアとの関係改善を唱えるドナルド・トランプ氏が当選したことも日ロ交渉に影響を与える可能性がある。米国がロシアとの関係改善に動けば、日本もロシアとの関係改善を進めやすくなる面はある。

 ただし、現時点で北方領土問題は未解決で、ウクライナ紛争と対ロ経済制裁も続いており、日ロ経済協力は簡単には実現しそうにない。日本がロシアと経済関係を深めると、対ロ制裁を骨抜きにすることになる。日ロ経済協力を米国が黙認するか否かが重要だ。

 米国は、イランに対して経済制裁を行っていた間、日本がイランから原油を輸入することを事実上、黙認していた。日本が中東原油に深く依存していることを理解していたからと考えられる。トランプ次期大統領が、対中国、対ロシアでどのような駆け引きを考えているかが、日ロ経済協力進展に大きな影響を及ぼすと思われる。

日ロ経済協力で日本が受けるメリット

 日ロ経済協力が実現すると仮定して、日本が受ける経済的メリットは大きく分けて2つある。

  1. サハリン(樺太)と東シベリアから安価なエネルギーを輸入できる
  2. 日本企業が資源開発やプラント建設など幅広いビジネスを獲得すると期待される

 日本は、東日本大震災の後、中東から割高な液化天然ガス(LNG)を大量購入せざるを得なくなった。原発停止で、火力発電を緊急に拡大せざるを得なかったからだ。その時、長期契約した世界一割高なLNGの輸入によって、日本はその後長い間、貿易赤字に苦しむことになった。

 中東原油への依存が高かったことが、世界一割高なLNGを言い値で買わざるを得ない結果を生んだ。輸入先を広げることは、いざという時に日本の交渉力を高める効果がある。

 ロシアは、日本に対し、過去に少なくとも2回以上、サハリンから日本へガスパイプラインを敷設することを提案している。日本がそれを断ってきた経緯がある。サハリンから安価な天然ガスを購入するルートができれば、中東LNGの購入交渉でも有利に働く。

 日本は火力発電燃料をLNGに転換して輸入して利用しているが、それには莫大なコストがかかる。世界でLNGを大量に利用しているのは、パイプラインで大量にガスを輸入することができない日本と韓国くらいだ。世界では天然ガスの9割はパイプラインで運んで使っている。

 天然ガスはパイプラインを使って4000キロメートル以上運ぶことができるので、かなり広い地域で利用できる。LNGにして運ぶより、パイプラインで運んだ方がはるかに低コストだ。中国でも「西気東送」といって、中央アジアの天然ガスを東部工業都市に運ぶ長距離パイプラインを建設している。

 ちなみに、原油を採掘する際に天然ガスが自噴するが、中東ではパイプラインで運んで使用しないものは今でも焼却処分している。窪田氏が3年前に中東に出張した際、資源枯渇が心配されるバーレーンですら油田で高い火柱が上がっているのを見て驚いたという。

 サハリンから東京は天然ガスをパイプラインで簡単に運べる距離だ。高速道路などを利用してパイプラインでつなぐ案、新潟まで海底パイプラインで運び、新潟から東京につながっている既存のパイプラインに接続する案などが検討されたことがある。

 もし実現すれば、日本の火力発電コストを引き下げ、電力料金を引き下げるのに大いに役立つ。北海道は電力料金が日本で一番高くなっているが、安価なガスが入れば、まず北海道の電力料金の引き下げに貢献するだろう。

 天然ガスのまま輸入することができると、化学産業も恩恵を受ける。現在、米国の石油化学産業は安価な天然ガスを原料としているために、コスト競争力があるが、日本国内の石油化学産業は割高な輸入原油を使わなければならないために、コスト競争力がない。

 サハリン天然ガスの輸入が実現すれば、日本の石油化学産業のコスト競争力を改善する効果もある。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算