松岡功の一言もの申す

なぜHPEはOpenStack資産を売却するのか

松岡功 2016年12月08日 11時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Hewlett Packard Enterprise(HPE)が、これまでクラウド基盤の中核ソフトウェアとして注力してきたIaaS向け「OpenStack」とPaaS向け「Cloud Foundry」関連の技術および人材を、独SUSEに売却する契約を結んだ。この動きは、HPEがクラウド事業から完全に撤退するようにも見て取れる。果たしてどうなのか。

HPEはクラウド事業から完全に撤退するのか

 両社の契約締結については、SUSEが11月30日に発表した。SUSEはHPEから買収するOpenStackとCloud Foundryの資産を自社のIaaSおよびPaaSとして取り込み、従来から展開してきたLinuxをはじめとしたオープンソースソフトウェア(OSS)製品群の拡充を図る。

 この動きで気になるのは、HPEのクラウド事業の行方だ。同社は今年1月にパブリッククラウドにおけるIaaS型サービスの提供を終了したものの、その後はOpenStackとCloud Foundryベースのプライベートクラウドや、それとオンプレミス、あるいは他社のパブリッククラウドと連携させたハイブリッドクラウドの構築・運用を中心に展開していくとしていた。

 今回の動きでは、その中核となる資産をSUSEに売却する形となる。これはすなわち、HPEがクラウド事業から完全に撤退するようにも見て取れる。この点についてHPEの関係者に聞いてみたところ、「HPEはSUSEとクラウド事業において協業を図っており、OpenStackおよびCloud Foundryについては今後SUSEから供給を受ける形で引き続き事業を展開していく」との答えが返ってきた。

 確かに、今回の両社の契約内容には、HPEがSUSEをLinux、OpenStack、Cloud Foundryに関する最優先オープンソースパートナーに指名したことが明記されている。

HPEがOpenStack資産を売却する3つの要因

 では、HPEはなぜOpenStackおよびCloud Foundryの資産をSUSEに売却することにしたのか。関係者の話などから、次の3つの要因が浮かび上がってきた。

 1つ目は、HPEの事業構造改革の一環であることだ。HPEは2015年11月に従来のHPから分割した後、ハードウェアを軸としたインフラ事業に注力すべく、サービスやソフトウェアの事業を分離してきた。

 中でもソフトウェアについては、英ソフトウェアベンダーのMicro Focusと統合する計画で、HPEが統合新会社の株式50.1%を保有するという。統合はHPEの2017会計年度(2017年10月期)後半に完了する予定だが、今回のOpenStackおよびCloud Foundryの資産のSUSEへの売却もソフトウェア事業分離の一環といえる。

 2つ目は、SUSEとのパートナーシップだ。Linuxディストリビューター大手のSUSEはOSS専門企業であることから、HPEとしてはいわば“餅は餅屋に任せる”形でパートナーシップを結んだほうが、資産の有効活用につながると判断したようだ。しかもMicro FocusがSUSEの親会社であることから、SUSEは実質的にHPEのOSS推進部門としての役割を担うようになるとみられる。

 そして3つ目は、米Microsoftとのパートナーシップだ。HPEはここにきてクラウド事業においてMicrosoftとの提携を一段と深めている。最近では、Microsoftのパブリッククラウドサービス「Microsoft Azure」をHPEの顧客向けに推奨パブリッククラウドとする一方、Microsoftはハイブリッドクラウド向けのインフラにおいてHPEを推奨パートナーにするといった協業も打ち出している。

 つまり、HPEとしてはMicrosoftとSUSEとのパートナーシップをユーザーニーズに応じて使い分けできるようにしようとしているものとみられる。

 こうしてみると、ハードウェアを軸としたインフラ事業に注力するHPEのクラウド事業に対するスタンスがにわかに見えてきた気がする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化