編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
日本株展望

外国人投資家の日本株買いは続くか?

ZDNet Japan Staff

2016-12-08 12:25

今日のポイント

  1. 外国人売買が日本株の動きを決めている。10月以降、外国人の買いで日経平均は上昇してきた
  2. 日本の景気・企業業績の改善を映し、日経平均は来年前半に2万円をつけると予想しているが、12月後半はいったん上値が重くなると見ている

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

外国人投資家の買いで日経平均が上昇

日経平均株価と13・26週移動平均線の動き:2015年1月5日~2016年12月7日

日経平均株価と13・26週移動平均線の動き:2015年1月5日~2016年12月7日
(注:楽天証券経済研究所が作成)

 7月に底打ちした日経平均は10月以降、外国人の買いで上昇ピッチが高まった。

日経平均株価と13週移動平均線からのかい離率:2015年1月5日~2016年12月7日

日経平均株価と13週移動平均線からのかい離率:2015年1月5日~2016年12月7日
(注:楽天証券経済研究所が作成)

 11月以降の日経平均の上昇ピッチが速く、13週移動平均線からのかい離率が一時7%まで開いたため、足元、やや過熱感が意識された(日経平均の上昇ピッチが速く、13週移動平均線からの上方かい離率が10%に近付くと、過熱感が意識される。ただし、かい離率10%は単なる目安に過ぎず、時にはかい利率が15%以上まで開くこともある)。

日本株は世界景気敏感株、世界景気の改善が続けば外国人の買いは続く

 株は、短期は需給、長期はファンダメンタルズ(景気や企業業績)によって動く。世界経済が回復に向かい、日本の景気と企業業績も上向きに転じると考えられるので、日経平均は来年前半に2万円をつけると予想される。

 しばらく上昇基調が続いているが、一本調子の上昇が続くとは考えられない。短期的には外国人の買いの勢いがやや弱まり、スピード調整することもあるだろう。

 日本株の動きを決めているのは外国人投資家だ。外国人は、買う時は上値を追って買い、売る時は下値を叩いて売ってくる傾向があるからだ。10月以降、外国人が日本株を買い越すことにより、日経平均は大きく上昇した。

日経平均と外国人の売買動向(買越または売越額、株式現物と日経平均先物の合計):2016年1月4日~12月7日

日経平均と外国人の売買動向(買越または売越額、株式現物と日経平均先物の合計):2016年1月4日~12月7日
(出所:東証データより楽天証券経済研究所が作成)

 上のグラフの外国人売買で、棒グラフが上(プラス方向)に伸びているのは買い越し、下(三角印のついている方向)に伸びているのは売り越しを示す。これを見ると、日経平均は外国人が買うと上がり、売ると下がる傾向が強いことがわかる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]