編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

IIJグローバル、産業・用途別のIoTソリューションを提供開始

NO BUDGET

2016-12-09 07:00

 IIJグローバルソリューションズ(以下、IIJグローバル)は、12月7日、産業・用途別のIoTソリューション「CaaS」を提供開始すると発表した。「CaaS」は、IoTを構成する要素技術を各種業界向けにコンポーネント化したソリューションで、幅広いIoT利用ニーズに対応する。

 各コンポーネントは、IIJグローバルの拠点間ネットワーク構築・運用のノウハウや、IIJグループおよびパートナー企業のサービスを活用して構築・運用する。これにより、例えば、エレベータやタクシー、監視カメラなど、それぞれの産業で利用される異なったプロトコルやインタフェースにも対応できるようにする。

 CaaSでは、主要なコンポーネントとして、業界向けプラットフォーム、ゲートウェイ機器、ネットワークの各分野をそろえている。


「CaaS」の活用イメージ

 業界向けプラットフォームでは、第一弾として、センサデータを収集し、クラウド上で保管、表示を行う「各種センサ収集・蓄積・可視化システム」、製造業の現場で制御装置として利用されている様々なPLC(Programmable Logic Controller)をクラウド上で共通デバイスとして一元管理する「マルチPLC管理システム」を提供する。また今後は、「デジタルサイネージ用システム」「IPカメラ監視システム」「総合エネルギー・設備マネジメントシステム」などを提供していく。

 ゲートウェイ機器では、装置の稼働状況などのセンサデータをクラウド上にアップロードし、各種インタフェースを提供、様々な装置に対応する。

 ネットワークでは、ゲートウェイ機器とクラウド間をIIJモバイルサービスとユーザーのプライベートバックボーンサービスを活用した閉域網で接続する。これにより、インターネットを経由しないセキュアなIoT向けワイヤレスプラットフォームが構築できる。

 IIJグローバルでは、工場における産業機器の自動制御、ビルのエネルギー設備管理などの市場をターゲットに、同ソリューションの導入について、初年度20社、2年目200社を目標としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]