編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

人工知能とアートの関係--なぜIT企業がデザイン会社を買うのか(後編)

増村岳史

2016-12-18 07:00

前編はこちら

AIは贋作作りが最も得意?

 AIを駆使して17世紀のバロック期を代表する画家レンブラントの新作が完成したニュースは記憶に新しい。

 ディープラーニングによって作品の細微にわたる特徴を分析したのちに、仕上げとして3Dプリンタを使い“レンブラント”を再現したのである。これはAIが過去の偉大な芸術家の才能そのものを模倣、完全コピーすることに成功した顕著な例である。このレンブラントを完成したチームは「テクノロジとアートの結婚」と発表したそうである。

 AIとは全く縁のないギィ・リブという男性は、1984年から2005年にフランス警察に逮捕されるまでの20年以上もの間、ピカソ、シャガール、ダリ、マティスなどの巨匠の新作を制作し続けていたのである。そう、世界一有名な贋作作家として美術専門家や鑑定家の目を見事に欺き続けたのである。

 そして今やギィ・リブは世界的な贋作作家として展覧会もするほどの巨匠なのだ。

 レンブラントを完成させたこのAI技術は今後、贋作か真作かを見極めるためのとても優秀なツールになるであろう。しかしながらピカソ、シャガール、ダリ、マティスなどの現存する膨大な作品をデータ化し、アルゴリズムを構築するコストと時間を考えるととても現実的であるとは思えない。

 つまりAIは過去の膨大なデータをもとにアルゴリズムを構築し過去の偉大な画家達になることはできるが、ピカソやダリのように世の中の今までの価値観を揺るがし新たな表現を創造する、アート本来の持つ使命を達成することは到底無理であろうということだ。

17世紀のバロック期を代表する画家レンブラント
17世紀バロック期を代表する画家レンブラント

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]