編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

グーグル、IoT向けOS「Android Things」を発表--Snapdragonに搭載へ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 高森郁哉 (ガリレオ)

2016-12-14 10:17

 Qualcommは、Googleが開発しているモノのインターネット(IoT)向けOS「Android Things」をモバイルプロセッサ「Snapdragon」に組み込むため、Googleと連携することを明らかにした。

 この提携により、スマートホーム、IoT、スマートシティの普及において、Googleは今よりはるかに重要な役割を担うブランドとなる可能性がある。両社の協業が成功するなら、IoTネットワーク各所のプロセッサに「Android」が組み込まれることになる。ここで留意すべきは、Qualcommが10月にNXP Semiconductorsの買収を発表したことだ。この買収の狙いは、スマートフォンから車や住宅まで、さまざまなコネクテッドデバイスに進出することにある。

 GoogleはAndroid Thingsの開発者プレビュー版をブログで発表した。Microsoftもすでに、ARMとIntelのプロセッサで動作する「Windows 10 IoT Core」を発表している。

 Qualcommはプレスリリースで、Googleとの連携は「消費者向けと産業向けの応用」の両面で開発に注力するものだと述べた。両社の協業により、Qualcommの持つ規模とGoogleが抱えるAndroid開発者コミュニティーを活用することが可能になる。

 Qualcommによると、開発者プレビュー版の段階にあるAndroid Thingsは、2017年にもSnapdragonプロセッサに組み込まれる予定だという。以下の図は、Android Thingsのスタックを示したものだ。


 ただし、IoTのネットワークにおいてAndroid Thingsが本当に重要な存在になるかどうかは、現時点ではわからない。Amazonと傘下のAmazon Web Services(AWS)は、クラウドとセンサ群を中心とした異なる構想を描いている。AWSのアイデアは、店舗や社内にあるインフラが、その敷地内にあるセンサやモノを検知することを想定する。結果として、クラウドは処理を担う実質的なOSになる。

 「AWS re:Invent」カンファレンスでAWSは「Greengrass」というソフトウェアとIoTデバイスを使った仕組みについて説明した。これらはローカルで動作し、データをセンサに近い場所に保管して、そのあとでデータをクラウドに送信して処理できる。AWS Greengrassはさまざまなデバイスに組み込まれる見込みだ。

 AWSの構想は以下のようになっている。




この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]