編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Docker、「Docker for Azure」のパブリックベータ版を公開

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-12-14 10:17

 Dockerは米国時間12月12日、「Docker for Azure」のパブリックベータ版を公開したと同社ブログで発表した。プライベートベータ版は6月に公開されていた。また先ごろ、「Docker for AWS」のパブリックベータ版が公開されたばかりだ。

 MicrosoftとDockerは6月、「DockerCon 2016」でDocker for Azureのプライベートベータ版を発表していた。Dockerはプライベートベータでいくつかの新機能を追加している。そのなかには、「Microsoft Azure」のストレージアカウントにすべてのコンテナログを保存しておき、後で読み出して検証できるようにする機能や、Docker for AzureのSwarmに対する診断やトラブルシューティングを可能にするために、Swarmノード全体の診断用ダンプをDockerに送信できる組み込み型の診断ツールが含まれている。

 Docker for Azureのリリースノートによると、中核である「Docker Engine」のバージョンは1.13.0-rc2だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]