Docker、コンテナのランタイム及び管理プログラム「containerd」をオープンソース化

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年12月15日 12時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dockerは米国時間12月14日、「containerd」をオープンソース化したと発表した。containerdは、オーケストレーション機能を備えたコンテナのコアランタイムである「Docker Engine」を構成する重要なコンポーネントだ。

 containerdプロジェクトに対しては、Alibaba CloudやAmazon Web Services(AWS)、Google、IBM、Microsoftといった、世界をリードするクラウドプロバイダーがメンテナーとコントリビューターを参加させると表明している。

 containerdはDocker Engineにとって欠かせないコンポーネントであり、Dockerのバージョン1.11から使用されてきている。新たなオープンソース版のcontainerdは、Docker以外の製品やコンテナソリューションを構築するための、拡張可能で安定したオープンな基盤として用いられることを想定している。

 具体的に述べると、containerdはLinuxと「Windows」双方のプラットフォームをまたがるコンテナイメージの転送や、コンテナの実行と統括、低水準ローカルストレージ、ネットワークインターフェースといった目的で利用できる。こういった目的は既に他で耳にしたことがあるはずだ。The Linux Foundationの「Open Container Initiative」(OCI)は、ベンダーニュートラルなかたちでのコンテナのランタイム仕様(Runtime Specification)とイメージ仕様(Image Specification)の策定を目的とするイニシアティブだ。

 Dockerは今回のプロジェクトをOCIの下で立ち上げたわけではないものの、同社はcontainerdがOCIのランタイム仕様とイメージフォーマットの仕様、OCI参照実装(runC)をフルに活用するものだと述べている。また、Dockerは最終的にOCI認証を取得する計画だ。

 Dockerの創設者兼最高技術責任者(CTO)のSolomon Hykes氏は同社サイトに、「これは何カ月にもわたる緊密なコラボレーションと、Dockerコミュニティーの思想的リーダーによる貢献の成果だ」と記している。

 Dockerはこれまで、最初に社内で開発を行った後、成果物をオープンソース化してきている。

 containerdの機能的なスコープは限定されたものとなる予定だ。その目標は、あらゆるコンテナシステム間で共有されるコンポーネントをつなぐ「単調な」インフラの構築であり、これによって先進的なオーケストレーションの実現に寄与するというものだ。このプロジェクトは、新機能よりも品質を重視するという、コミュニティー定義型のリリースプロセスに従うとともに、Dockerが特定の企業から必要以上の利益を受けないように別のブランドにされるという。

 とは言うものの、containerdに関するHykes氏の計画は、単調なインフラ以上のものに感じられる。同氏は「われわれは『containerd 1.0』でLinuxホスト上とWindowsホスト上の双方で同等のコンテナ管理を実現するうえで必要となるコアプリミティブをすべて提供できるよう、Docker Engineの持つ多くの機能をcontainerdに追加していく」と述べている。以下がそういった機能だ。

  • コンテナの実行と統括
  • イメージの配布
  • ネットワークインターフェースの管理
  • ローカルストレージ
  • ネイティブな基本レベル(native plumbing level)のAPI
  • 拡張されたOCIイメージ仕様を含む、OCIへの完全準拠

 箇条書きの1つ目はDockerの今回の動きを説明する理由になっている。「Kubernetes」はコンテナ管理プログラムとしてあっという間に普及した。DockerはDocker Engineの管理アプローチに対する支持者を増やす必要がある。

 Dockerのcontainerdにかける夢に賛同するアナリストが少なくとも1人いる。RedMonkの業界アナリストであるFintan Ryan氏は声明で以下のように述べている。

 Dockerがcontainerdをコンテナエコシステムに寄贈したことで、さまざまなコミュニティーは標準化されたコアコンポーネントを用いた開発が可能になった。こういったコアコンポーネントによって、あらゆるインフラ上で安定性と互換性が保証されるため、開発者らは自信を持って開発を続けられるようになる。

 containerdの団体はまだ設立されていない。設立は2017年第1四半期以降になる。しかし、containerdのリポジトリは14日付けで公開されている。また、ロードマップや、そのスコープアーキテクチャ計画APIのドラフトも同日に公開されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]