編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら
海外コメンタリー

音声操作の進展で高まるセキュリティへの懸念--身近な場にも

Stilgherrian (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-12-16 06:30

 2017年のサイバー脅威動向を予想する時期となった。顧客やジャーナリストの机の上には、セキュリティベンダーが発表するレポートが、クリスマスの雪のように降り積もる。2016年中は、ランサムウェアのまん延と、モノのインターネット(IoT)が今後セキュリティ上の悪夢になるという話を繰り返し聞かされてきた。ビデオカメラで構成されたボットネットのニュースが話題になったのを覚えている人もいるだろう。そしてどのセキュリティベンダーも「人工知能」や「機械学習」「脅威インテリジェンスの共有」といったフレーズを連発している。こうした非常に多数のレポートで、多くの予想は疑う余地のないものだ。

 もちろん脅威予想の季節はまだ始まったばかりだし、3月まで予想を発表しないセキュリティベンダーもある。しかし、現時点で特に目立ったレポートを挙げるとすれば、Forceprintの「2017 Security Predictions」だろう。

 Forceprintのレポートには、「『Siri』や『Alexa』などの音声操作AI(人工知能)を利用するよう設計されたアプリが2017年に爆発的に増加するのに伴い、全く新しい脅威ベクトルが出現する」とある。

 「これらはまた、特にアクセス制御の観点で望ましくないリスクをもたらすかもしれない。この種のアプリの普及には、新しいインターフェースに起因するセキュリティリスクが伴う。ハッカーは既存のセキュリティ保護対策をバイパスできるようになり、AIアプリに関連したデータ漏えいの増加につながるだろう」(同レポート)

 では、例を挙げてみよう。2015年の初めに発表された、サムスンの音声操作可能なテレビ「Smart TV」は、話しかけるだけで操作できた。いくつかの単語を発するだけで、チャンネルを変えたり、音量を変えたりすることが可能だった。

 しかし消費者は、その仕組みを知ると失望した。

 Forcepointのセキュリティ技術担当ディレクターを務めるBob Hansmann氏は、11月のウェビナーで、「それを実現するためには、常に音を聞き続ける必要があるということがすぐに明らかになった。つまり、テレビはその場で起こっていることすべてに聞き耳を立てており、これは会議室のような場所で使用されていた場合も例外ではなかった」と説明している。

 「そのテレビはインターネットに接続されており、すべての会話内容がメーカーに送られた。そしてメーカーの施設内に置かれたサーバにAIがあった。これはクラウドサービスだった。そしてそのクラウドサービスが、テレビに命令を送り返していた」(Hanselman氏)

 最新の音声操作システムは、家族の誰が話しているかを判別することさえできるものもある。個人の好みに応じて動作を調整できるのは素晴らしいが、これは人間に関するデータを収集する方法が1つ増えたことも意味している。これによって、より対象を絞り込んだ広告や、さらに悪いことが可能になるかもしれない。

 音声操作可能なアプリの普及は、メーカーがデータストリームの内容を引き出す機会が増えることを意味しており、誰もが何が話されているかを知りたがっている。音声データのフローとコマンドのフローは、ユーザーのセキュリティやプライバシーを保護できるような仕組みや管理方法を備えているのだろうか?

 安心してほしい。こういった新しいIoTデバイスの設計者は今後間違いなく、われわれが当然だと思うようになっているセキュリティに対して必要な配慮や注意を払うようになるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]