編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」
海外コメンタリー

音声操作の進展で高まるセキュリティへの懸念--身近な場にも - (page 2)

Stilgherrian (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-12-16 06:30

 ところでHanselman氏は、「デバイスは命令を与えようとしている時以外でも、聞き耳を立てている」と指摘している。

 では、音声操作可能なシステムは、与えられた命令が正当なものかどうかを、どう判断するのだろうか。

 例えば、自宅にAugustのスマートロックを取り付けた人がいるとしよう。このスマートロックはBluetoothとAppleの「HomeKit」経由で操作可能で、Siri経由で音声コマンドを受け付ける。この人が、自宅のHomeKitデバイスを操作するためにリビングに「iPad Pro」を置いたとしよう。

 Forbesは、「不幸なことにこの仕組みは、スマートホーム技術がどのように悪影響を及ぼす可能性があるかを示す、教科書的な大きなセキュリティホールをもたらした」と述べている。「この仕組みでは、小麦粉を借りるために来た近所の知り合いが大声で『Siri、玄関の鍵を開けろ』と大声で叫べば、家の中に入れてしまう」

 音声認識と音声認証の間には大きな違いがあるのだ。

 さらに、人間の発言を編集可能にするAdobeのプロジェクトである「VoCo」について考えてみてほしい。VoCoを使うと、対象となる人の音声を十分に集めれば、その人の声でどんな発言でも合成できるのだ。言葉を文字で入力すれば、音声を出力できる。

 VoCoはまだ概念実証段階だが、それでも音声認証の賞味期限について考えざるを得ない。

 一方これで、小麦粉が切れてしまったときには便利な世界が来るかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]