編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
デジタル未来からの手紙

「AIとロボットが実装される社会づくり」が始まった2016年 - (page 3)

林 雅之

2016-12-31 07:00

 自動運転車においても公道での実験走行など、大きく動き出した年となった。海外においては、欧米における自動車メーカーにおいては、レベル3や、レベル4の自動運転車の開発・実用化に向けた方針を発表する動きが加速している。

 レベル3とは、加速や操舵、制動をすべて自動車が行い、緊急時のみドライバーが対応する状態、レベル4は完全自動運転の状態を指す。(今後、レベル4は地域限定の完全自動運転、レベル5は地域を限定しない完全自動運転として、区分の見直しが予定されている)


出所:出所:IT総合戦略会議 第1回道路交通ワーキングチーム・ 第26回SIP自動走行システム推進委員会 合同会議 2016.12.7 海外での開発・連携を巡る動向(レベル3、レベル4関連)

 日本では、トヨタ自動車が1月に米国のシリコンバレーにAI研究のための新会社TRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)を設立した。優秀な研究者を集め、5年間で10億ドル(約1200億円)を投資するなど、自動運転の研究を加速させている。

 米Google、Uber、テスラモーターズなど、自動車メーカー以外の事業者も自動運転に力をいれている。米Googleは12月に、自動運転車部門を分社化し、新会社「ウェイモ(Waymo)」を設立している。

 日本のIT企業では、DeNAが2015年に、自動運転技術の研究開発進めるロボットベンチャー企業ZMPと共同で「ロボットタクシー」を設立。2020年の提供開始を目標に開発を進めている。3月には、神奈川県藤沢市でレベル4の自動運転タクシーの公道での実証実験を実施している。

 自動運転関連技術を開発するソフトバンクの子会社「SBドライブ」は11月、経済産業省の「平成28年度スマートモビリティシステム研究開発・実証事業」において、2018年秋に、北九州市などの公道で、レベル4による路線バス運行の実証実験の計画を発表している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]