海外コメンタリー

海外ZDNetスタッフが振り返る2016年、5つのテクノロジ業界動向

Jason Hiner Chris Duckett Larry Dignan Steve Ranger (ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-12-30 06:30

 米ZDNetでは毎週、その週の重要なテクノロジニュースを1本の記事にまとめて掲載しているが、2016年を振り返ってみると、IT業界や、テクノロジを使って世界を動かしているZDNetの読者に大きな影響を与えた、5つの大きな地殻変動があったことが分かった。

 この記事では、各国のZDNet編集局がまとめた、2016年の5大テクノロジ業界動向を紹介する。担当したのは以下の編集者だ。

1.サイバーセキュリティ:情報漏えいがさらに加速

 2000年頃から毎年同じことが言われ続けているが、やはり2016年も情報漏えいの年だったと言わざるを得ない。2016年の特徴を挙げるとすれば、情報漏えいの事例や、何年も前の攻撃で漏えいした情報が交換され、依然としてサイバー犯罪者に価値をもたらすマーケットが成熟してきたことだ。米Yahooは9月に5億件の個人情報が漏えいしたことを明らかにしたが、年末も押し迫ってからさらに10億件のアカウント情報が漏えいしていたと発表した。Yahooには、2016年の「サイバーセキュリティ他山の石」賞を進呈すべきだろう。

 ここから学べることは、1度起こった情報漏えいが、しばらく経ってから別のセキュリティ上の問題につながることがあるということだ。まるで、シンジケーションで収益を上げる人気のテレビ番組のようだ。では、2016年に起こった主要な事件を振り返ってみよう。

 その一方で、以前の攻撃で流出した情報が再び問題になったケースも出ている。LinkedInの事例がその1つだ。

 また、分散型サービス妨害(DDoS)攻撃も再び勢いを増している。マネージドDNSサービスを提供するDynに対するDDoS攻撃は、IoT(モノのインターネット)のデバイスを利用した攻撃だったことが明らかになった。

 共通のテーマを1つ挙げるとすれば、攻撃も高度になってきているが、最大の弱点が人間であることは変わっていないということだろう。


提供:Spencer Platt, Getty Images

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    量子コンピューターの実用化がもたらす脅威とは?既存の暗号資産を守る“4つのステップ”を徹底解説

  2. セキュリティ

    攻撃者がクラウドを標的にする仕組みとは? CrowdStrikeのレポートから考察する

  3. 経営

    「作って終わり」のマニュアルを「活用される」マニュアルにするためには?

  4. セキュリティ

    脱「PPAP」で考える、重要なファイルを安全に送付・共有する最適解とは?

  5. コミュニケーション

    Slack 導入事例集 2023:伊藤忠テクノソリューションズはいかに営業チームを1つにまとめたのか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]