「モバイル発券サービス」で何でもできる--シンガポールの"財布なし"生活

Gemalto 2017年01月06日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシア有数のMNO(移動体通信事業者)のMegaFonとVimpelComは、両社で1億8000万人の契約者数に対し、2016年に1つのシステム環境で複数のシステムやアプリケーション利用できる「マルチテナントNFC SIM」を導入し、両社のユーザーは自分のNFC(近距離無線通信)対応スマートフォンを使ってモスクワの新しいモバイルチケットプログラムを利用できるようになりました。

 このソリューションにより、利用者はトロイカ交通カードアプリケーションをダウンロードすると、非接触カードリーダーに携帯端末をかざすだけで、ロシアの首都圏の地下鉄、路面電車、バスに乗車することができます。トロイカアプリケーションから直接切符の購入ができ、支払いはユーザーの携帯電話利用代金とあわせて自動的に引き落とされます。これによってユーザーは、モスクワ全体を通じてコンタクトレスリーダー(非接触読取り機)に携帯電話をタップするだけで地下鉄やトラム、バスなどで利用できるため券売機に並ぶ必要がなくなります。

 モスクワでは2015年9月にモバイルチケットを導入しましたが、今後1~2年で1日700万人に上る乗降客が、このスピーディでシームレスなキャッシュレスの発券方法を利用することが見込まれています。このUpTeqマルチテナントSIMカードはモバイルNFC決済などの機能もサポートしており、他のコンタクトレス(非接触型)サービスを追加できる柔軟性も兼ね備えています。


 このNFC SIMを活用したチケットサービスは、シンガポールでも導入されています。シンガポールでは初めて、携帯電話を用いて公共交通機関の運賃を支払うことができるようになりました。

 シンガポールの通勤者はEZ-Link(2002年に導入されたシンガポールのタクシーを除く市内交通の支払いに利用できるIC乗車カード)のアプリケーションが搭載された携帯電話をタップするだけで、公共交通機関に乗車することができます。移動体通信事業者(MNO)と銀行は、この基盤を使って、新しい付加価値サービスを提供することもできます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算