編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

アップル、「iOS」アプリにHTTPS接続を義務づける「ATS」対応期限を延期

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-12-26 11:50

 Appleは、App Storeに提出するアプリに対して実施するとしていた「App Transport Security(ATS)」有効化の義務付けを延期すると発表した。ATSはセキュリティ強化を目的に「iOS 9」と「OS X v10.11」で導入された機能で、当初は2017年1月1日までにすべての「iOS」アプリに対して対応を求めるとしていた。Appleが米国時間12月21日に開発者向けサイトに掲載した情報によると、移行の「準備のための追加の時間」を設けることから、この期限を延期すると説明している。

 ATSはiOSとOS Xに導入されている機能で、アプリケーションがHTTP接続経由でリソースを読み込まないようにするためのものだ。HTTP接続は安全ではなく、攻撃者から傍受される可能性がある。ATSは、安全な通信のためのプロトコルであるHTTPSを経由してリソースを読み込むものだ。

 Appleは6月に開催した「Worldwide Developers Conference(WWDC)」で、2017年1月1日までにATS対応を義務付ける方針を発表した。

 現在ATSはデフォルトで有効になっているが、アプリ開発者はこの機能を無効にできる。

 「ATSは、アプリのネットワーク通信が、既知の脆弱性のない業界標準プロトコルと暗号化のみを確実に導入することで、プライバシーとデータの一貫性を強化する。開発したアプリが誤って送信データを悪意ある人にリークしてしまうことがないという信頼をユーザーに植え付けられるようにする」と開発者向けドキュメントに記されている。

 ATSの使用を義務付ける新しい期限は明記されていないが、Appleは新しい有効期限が決定したら知らせるとしている。


提供:Roy Zipstein | Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]