編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

世界に広がるドナルド・トランプ現象--ポピュリズムへの警戒

ZDNet Japan Staff

2016-12-27 10:26

今日のポイント

  1. 世界経済の改善を受けて世界株高が進んでいるが、世界に広がるポピュリズムのリスクは高まっている。当面、世界株高が続くと見ているが、政治不安から世界的な株安が起こるリスクには常に警戒が必要
  2. イギリス・フランス・イタリア・フィリピン・韓国など世界各国に過激発言で大衆の人気を集める政治家が現れる「ドナルド・トランプ現象」が広がっている

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

世界景気は好転したが、世界の政治不安は続いている

 窪田氏は、現在の世界的な株高の主因は「世界経済の回復」にあると考えているという。いわゆる「トランプ・ラリー」は、11月にトランプ氏が次期大統領に当選してから始まったが、トランプ氏への期待だけで世界的な株高が進んでいるとは考えていないという。当選前から、世界経済の回復は既に始まっていた。

 ところが、大統領選に決着がつくまでは、世界の投資マネーは、リスク資産を増やすことに躊躇(ちゅうちょ)せざるを得なかった。トランプ氏が大統領に当選すると、世界経済の破壊者になると考えられていたからだ。

 トランプ当選が分かり、世界の金融市場は一瞬ショック安に見舞われた。ただし、当選後のトランプ氏が過激発言を封印し、逆に過激な景気押し上げ策を取る方針を強調したため、金融市場のムードはガラリと変わった。もともと世界景気に回復色が出つつある中で、さらに世界経済に強い援軍が現れたと見なされた。その結果、トランプ氏当選を境に世界の株高が加速した。

 ポピュリズム(大衆迎合主義)の過激発言で物議を醸したドナルド・トランプ氏が米大統選で勝利してから世界的に株が上昇したので、世界の株式市場が、ポピュリズムを歓迎しているかのような錯覚にとらわれた。

 窪田氏は、世界を覆うポピュリズムが、来年も株式市場の重大なリスクであることは変わらないと見ているという。世界経済は好転したが、世界のポピュリズム・リスクは、一段と拡大していると考えている。

 世界の株式市場は、世界経済の好転をまだ十分には織り込んでいないので、世界的な株高は来年も継続すると思われる。ただし、どこかで政治不安が急に高まり、世界の株式が調整するリスクは、常に警戒した方がいいだろう。

ドナルド・トランプ・リスクが、重大なリスク要因であることに変わりはない

 世界の株式市場は、今のところトランプノミクス(トランプ次期大統領の経済政策)を歓迎している。トランプ次期大統領は、外交政策でタカ派姿勢が際立つこと、過激な景気刺激策(減税と公共投資)を打つ方針であることを除けば、今のところ、あたかも普通の共和党主流派の大統領のような政策を進めるように見える。

 「中国・日本・メキシコからの輸入品に高率関税をかける」「NAFTA(北米関税自由協定)廃止」「メキシコとの国境に壁を築く」などの過激発言は、今のところ封印している。選挙前に批判していたドル高も、今のところ黙認している。これは、トランプ氏を強烈に支持した低所得層には裏切り行為となる。

 トランプ氏は、過激公約を封印する代わりに、過激な景気対策を実施する方針を表明して、低所得者層の歓心を買おうとしているように見える。普通、大規模な経済対策は景気悪化局面で出動するものだ。米景気の回復色が強まる中で大規模財政出動すれば、米景気を過熱させかねない。それでも、大型の景気対策を打つのは、富裕者にも低所得者にも喜ばれる「究極のポピュリズム」に走っているためと考えられる。

 究極のポピュリズムを今のところ株式市場は好感している。ただし、実際にトランプノミクスがスタートすれば、これまで封印してきた反グローバル主義・反資本主義の主張も、さまざまな形で出てくると思われる。どこで、どういう形で過激発言が復活するか、そこが来年の重要なリスク要因となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]