編集部からのお知らせ
特集まとめ:高まるCISOの重要性

2016年の大規模ハッキングを振り返る--米大統領選関連に人気サービスも - 6/18

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-12-28 06:30

LinkedInのハッキング被害が(再び)世間を騒がせる

 2016年はまさに何度も記録が破られた年だった。今年、数々のハッキング記録が生み出された(そして塗り替えられた)が、そのなかでも最初に注目されたのがLinkedInだ。ビジネスネットワーキング企業である同社はまず2012年に被害に遭っていた。しかし2016年になって、流出したレコードの数が当初考えられていた数の20倍近くである1億1700万件だったと分かった。しかも、盗み出されたパスワードの大半は「123456」や「linkedin」といったとんでもないものだった。この攻撃に関与したと見られるハッカーは、最終的にチェコ共和国で逮捕された。

LinkedInのハッキング被害が(再び)世間を騒がせる

 2016年はまさに何度も記録が破られた年だった。今年、数々のハッキング記録が生み出された(そして塗り替えられた)が、そのなかでも最初に注目されたのがLinkedInだ。ビジネスネットワーキング企業である同社はまず2012年に被害に遭っていた。しかし2016年になって、流出したレコードの数が当初考えられていた数の20倍近くである1億1700万件だったと分かった。しかも、盗み出されたパスワードの大半は「123456」や「linkedin」といったとんでもないものだった。この攻撃に関与したと見られるハッカーは、最終的にチェコ共和国で逮捕された。

提供:file photo

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]