編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
海外コメンタリー

金融分野で存在感高まるビッグデータ--その理由やトレンドを考察

George Anadiotis (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-01-11 07:30

 ミリ秒単位のリアルタイム性が要求される金融サービス分野では、ビッグデータ関連のアプリケーションやベンダーに対する興味がひときわ高まっている。その理由は、アーキテクチャや規制、透明性、意思決定、スピードに対するニーズなどさまざまだ。


 資本市場に特化したコンサルタント企業であるTABB Groupは最近、金融サービス分野におけるリアルタイムのビッグデータアナリティクスに関するレポートを公開した。そのこと自体、ビッグデータが注目を集めているしるしとなっている。今や専門的なコンサルタント企業がデータアーキテクチャの分析や検討に力を注ぐほどにまで、ビッグデータが金融セクターで注目されているのだ。ITRS Groupの依頼によって作成された同レポートの内容もこの結論を裏付けており、TABB Groupが話をしたすべての企業がビッグデータアナリティクスを利用中、あるいは試用中だと述べている。

 金融セクターがビッグデータの利用で先行しているのは明らかだ。ただし、その理由や、ビッグデータの利用方法についてはそれほど明白とは言えない。「2016 Big Data Maturity Survey」(2016年のビッグデータ成熟度調査)と題された別のレポートの結論も加味すると、興味深い点が浮き彫りとなる。このレポートは、AtScaleが「Apache Hadoop」の大手ディストリビューションベンダー(ClouderaやHortonworks、MapRなど)の協力を得て作成したものだ。77カ国の1400社を超える企業で働く2550人を対象に実施したこの調査では、回答者の73%がHadoopを開発に利用していると答えている(前年は65%だった)。

 これは、Hadoopがビッグデータの世界で存在感を高めているという、業界が抱いている一般的な感触と一致している。この点は金融セクターでも同様だと結論付けてよいだろう。実際のところ、ClouderaやHortonworks、MapRに目を向けると、これら企業はすべて、金融セクター向けの製品や、同セクターの顧客について具体的に言及するとともに、そこでの成功を誇らしげに語っている。その点に矛盾はない。ここでの競争は、ゼロサムゲームではないためだ。また、Hadoopに限られた競争というわけでもない。

金銭上の理由

 ここで重要なのは「なぜか」という点だ。ビッグデータ関連のベンダーはなぜ、ハチが花の蜜にひかれるように、金融セクターに引き寄せられているのだろうか?金銭というのが自明の答えだ。金銭にひかれるのだ。金融セクターには豊富な資金があり、その悪習、あるいはニーズ(どの側面から見るかによって変わってくる)に対して金銭を支払う用意があるためだ。


金のなる木はない。金銭という実りがあるのは金融機関だ。このことは、ビッグデータ業界との関係を説明するうえで手がかりとなるかもしれない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]