編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
調査

個人よりも企業の方がランサムウェアの身代金を支払う傾向--IBM調査 - (page 2)

NO BUDGET

2016-12-28 14:08

企業では7割が支払っていた

 企業においては、調査対象のビジネス・エグゼクティブのほぼ2人に1人が、職場でランサムウェア攻撃を経験していたことが判明。こうしたエグゼクティブの70%が、ランサムウェア攻撃を解決するために企業で身代金を支払ったと話しており、その半数は支払額が1万ドル以上、そのうち20%が4万ドル以上であった。全ビジネス・エグゼクティブのほぼ60%が、財務記録、顧客データ、知的財産、および事業計画などのデータを取り戻すためには、身代金の支払いもいとわないだろうとしている。全体として、ビジネス・エグゼクティブの25%が、データの種類によっては、データに再びアクセスするために2万から5万ドルを支払ってもいいと回答した。

 IBMによると、とりわけ格好のターゲットとなっているのが、小規模ビジネスであるとのこと。調査対象の小規模企業のうち、ランサムウェアの攻撃を経験しているのは29%に過ぎず、中規模企業の57%と比較すると低い上に、サイバー犯罪者は小規模企業がそれほど多額の身代金を差し出すとは考えていない可能性もあるが、職場のITセキュリティーのベストプラクティスについてのトレーニングが不十分であれば、それが脆弱性の原因となる可能性があると指摘する。

 今回の調査では、調査対象の小規模企業のうち、従業員にセキュリティー研修を提供しているのはわずか30%で、中規模以上の企業の58%と比較して低いことが分かっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]