編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
CES 2017

5Gのインパクトは「電気や自動車の登場に匹敵」--クアルコム

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-01-10 11:39

 QualcommはCES 2017で、自律飛行ドローンの制御からコネクテッドヘルスケアまで、同社の技術が5Gの未来をサポートするさまざまな形を示した。最高経営責任者(CEO)のSteve Mollenkopf氏は米国時間1月6日、投資と革新を重視しつつ、5Gが未来の経済に与える影響を明らかにするために、同社の委託によって実施された新しい調査の結果を発表した。

 その調査結果によれば、5Gによる経済的メリットが完全に現実のものとなる2035年までに、5Gに関わる多種多様な業界で、最大12兆ドル規模の商品とサービスが生まれるという。この金額は2016年に米国で全ての消費者が支出した額とほぼ同じだ。さらに2035年までに5Gが北京の人口よりも多い最大2200万人の雇用を支えるとしており、売り上げは3兆5000億ドルにのぼるという。

 この頃までに、世界のGDP成長に対する5Gの寄与は、全体としてインドと同程度になるだろうとMollenkopf氏は述べ、「電気もしくは自動車の登場に匹敵するほど」世界経済への影響があると説明した。

 Mollenkopf氏は、「5Gによって新しい機会が生まれ、まだ発明されていない製品やサービスが登場し、教育が受けやすくなり、生産性が向上することを人々は心から信じている」と語った。

 5Gによって「モバイル機器は現在よりももっと必要不可欠なものになる」と同氏は述べ、同社の新しいプロセッサ「Snapdragon 835」が、どのように仮想現実などの新機能や機能向上を携帯電話にもたらすか説明した。

 その一方で、Qualcommは規格に準拠した5Gインフラストラクチャの整備でAT&TおよびEricssonと協業することを1月4日に発表したばかりで、世界初となる商用5Gモデムチップセットソリューションも発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]