編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
日本株展望

米国はどこまで円安を許容するか?

ZDNet Japan Staff

2017-01-11 11:22

今日のポイント

  1. 2016年11月以降、急激なドル高(円安)が進んだが、足元、ややドルの上値が重くなりつつある。つれて円安を頼りに上昇してきた日経平均も上値が重くなりつつある
  2. 日米金利差拡大が円安を招いてきたが、トランプ次期大統領が、円安を容認しているとは限らない。トランプ氏から円安を問題視する発言が出ると、円高に反転するリスクがあり注意を要する

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

ドル円為替を動かす3大要素、中でも最も重要なのは日米金利差

 ドル円為替レートを動かす要因は無数にあるが、重要なものに絞れば以下の3つだ。

  1. 日米金利差
  2. 世界の投資マネーによる「リスク・オン、リスク・オフ」切り替え
  3. 政治の介入

 最も重要な要素は、日米金利差だ。昨年11月以降、円安(ドル高)が急伸したのは、米金利が上昇する中、日本の金利が低位にとどまり、日米金利差が拡大したことによる。今後、日米金利差がさらに拡大するならば、より高い金利を求めて円からドルへ資金が流れると考えられる。

日米2年金利差と、ドル円為替レートの推移:2008年1月~2017年1月(10日まで)

(注:楽天証券経済研究所が作成)
(注:楽天証券経済研究所が作成)

 グラフを見ると、日米金利差が縮小した2008~2011年に円高(ドル安)が進み、日米金利差が拡大しつつある2012~2015年に円安(ドル高)が進んでいることがわかる。

次に重要なのが「リスク・オフの円高」「リスク・オンの円安」

 ドル円は、日米金利差だけで動いているわけではない。2016年は、日米金利差が縮小していないのに、一時大幅な円高(ドル安)が進んでいる。これは、「リスク・オフの円高」だ。

 2016年前半は世界経済への不安が高まり、世界的に株が急落する中「リスク・オフの円高」が進んだ。

 世界経済に不安が増えると、決まって円が安全資産として買われる。日本は、世界最大の対外純資産保有国であり、世界的にリスク資産が売られる「リスク・オフ」局面では、世界の投資マネーが避難先として入ってくる。

 逆に、世界経済が順調に拡大し、世界の投資マネーがリスクを取るときは高金利通貨が買われ、金利の低い「円」は売られる。それが「リスク・オンの円安」だ。昨年11月以降、円安が進んだのは、世界的に株高が進む中で「リスク・オンの円安」が復活した面もある。

無視できない大きな力を持つ「政治の介入」

 ドル円を動かすもう1つの要因で、無視できない大きな力を持つのが「政治の介入」だ。過去の経験則では、購買力平価(企業物価ベース)から20%を超える円安が進むと円安を問題視し、円高に誘導しようとする政治圧力が米国から出る。

 1983年、ドル円は、購買力平価対比で20%以上の円安にふれた。この時、米国は「強いドルは国益」として、ドル高を許容していた。ところが、その後、日本の貿易黒字が拡大、米国の貿易赤字が拡大し、日米貿易摩擦が起きると米国は、一転して「円安の是正が必要」と主張を変えた。

 1985年12月のプラザ合意で、米国主導で「円安是正」の合意が行われると、国際的な協調介入によって急激な円高が進んだ。

 このように、米国が円安を問題視して政治圧力をかけるようになると、大きな円高圧力がかかる。

購買力平価(企業物価ベース)とドル円為替レートの動き:2007年1月~2016年12月

(出所:購買力平価(企業物価)は公益財団法人 国際通貨研究所)
(出所:購買力平価(企業物価)は公益財団法人 国際通貨研究所)

 2016年も同様の事態が起こった。2016年、一時1ドル125円と、購買力平価から25%を越える円安が進んだ。そこでトランプ次期大統領、ヒラリー・クリントン氏、ルー財務長官などが、一斉に日本を円安操作国として非難し始め、その後の円高急伸を招いた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]