編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
松岡功の一言もの申す

日本のIT大手はAI技術をもっと世界に発信せよ

松岡功

2017-01-12 12:09

 今や一大ブームとなっているAI(人工知能)技術。その研究開発では米国のIT大手が目立ちがちだが、日本のIT大手も長年にわたって取り組んでいる。課題は世界への発信力をもっと高めることだ。

社会ソリューションへの貢献に向けたNECのAI技術


記者会見に臨むNECの西原基夫執行役員

 NECが先ごろ、研究開発戦略について記者会見を開き、同社が注力する社会ソリューション事業における価値創造に向けた研究活動方針や、将来事業けん引する「AI」「ICTプラットフォーム」「セキュリティ」の最新技術について説明した。

 会見全体の概要は関連記事をご覧いただくとして、ここでは今最も注目されているAI技術について取り上げたい。

 NECの研究開発部門を統括する西原基夫執行役員は会見で、同社のAI技術を説明するにあたって、「他社が手掛けている現在のAI技術では、社会ソリューション特有の要件を満たすことができない」として、図のように4つの要件とその理由を示した。


NECが語る「社会ソリューションのためのAIの課題」

 そのうえで、NECのAI技術であれば、実世界の深層理解には「世界ナンバーワンの映像・音声認識」、多様・複雑な社会専門知識には「専門家に依存しない自動抽出技術」、未知・希少事例(スモールデータ)への対応には「スモールデータからも可能な機械学習」、現場でのリアルタイムな利用には「数十ワットで動作可能なAIプロセッサ」によって要件を満たすことができると説明。「社会ソリューションにおいては、当社のAI技術の強みを大いに生かすことができる」と強調した。

 また、人材面の強化については、2016年10時点で約220人のAI技術者を2018年度までに300人に拡充するとし、その陣容も「技術一辺倒でなく、AIを社会実装する際の倫理・法制度などの解決に向けた多様な人材を強化していきたい」と語った。

日本のIT大手はAIブランドを掲げて発信力強化へ

 ただ、AI技術の研究開発では、IBM、Google、Microsoftといった米国のIT大手の取り組みがグローバルで話題になるケースが多く、NECや富士通、日立製作所など日本のIT大手も30年以上前から取り組んでいるものの、グローバルに向けて発信力が乏しい印象は拭えない。

 その点について、西原氏に会見の質疑応答で聞いてみたところ、次のような答えが返ってきた。

 「当社のAI技術はグローバルでも数多くの導入実績があるが、まだまだカバーしていかなければならない領域もあり、発信力も高めていく必要がある。とりわけ、発信力という意味では『NEC the WISE』というAI技術のブランドを策定したので、このブランドの下で誰でも利用できるAPIを提供するなど、国内のみならずグローバルにもどんどん展開していきたい」

 「NEC the WISE」というのは、NECが2016年7月に発表した同社のAI技術群のブランド名称である。The WISEとは「賢者たち」という意味で、このブランド名には「ますます複雑化・高度化する社会課題に対し、人とAIが協調しながら高度な叡智で解決していく」という想いが込められている。

 NECと同様、AI技術のブランドについては、富士通も「Human Cenric AI Zinrai」(Zinrai)、日立も「Hitachi AI Technology」と名付けている。ちなみに富士通のZinraiは“素早く、激しいこと”を意味する「疾風迅雷(しっぷう“じんらい”)」に由来しており、「人の判断や行動をスピーディーにサポートし、企業や社会をダイナミックに変革させたい」という想いが込められている。

 こうしたブランドを前面に押し出し、米国のIT大手に負けないように、自社のAI技術をいかにもっと世界に発信していけるか。日本のIT大手のさらなる奮起に期待したい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]