グーグル、クラウドで暗号化キーを管理できる「Google Cloud Key Management Service」発表

ZDNet Japan Staff 2017年01月12日 13時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間1月11日、クラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」で暗号化キーを管理できるサービス「Cloud Key Management Service(KMS)」をベータとして提供することを発表した。

 Cloud KMSは、データ暗号化のための暗号化キーの作成や管理をクラウドベースで行うことができるサービス。GCPなどの環境で保存されているデータについて、クラウドがホストするソリューションの対称暗号鍵を管理できる。Cloud KMS APIを利用して鍵の作成、使用、ローテーション、破棄が可能だ。クラウドにあるデータの安全性については懸念も多く、Googleは金融やヘルスケアといった規制の厳しい業界でCloud KMSが役立つと見ているようだ。拡張が容易ではないカスタムビルドやアドホックのキー管理システムに代わるものとして、鍵の安全性を容易に保てるようにするとGoogleは述べている。「Cloud Identity Access Management」「Cloud Audit Logging」といったGoogleのサービスと直接統合することもできる。

 現在は、Galois Counter Mode(GCM)でAES(Advanced Encryption Standard)を利用している。このAES GCMはGoogleによるBoringSSLライブラリに実装されており、継続的に脆弱性チェックを行うという。脆弱性のチェックでは、Googleが2016年末に発表した暗号化ソフトウェアの脆弱性テストプロジェクト「Project Wycheproof」も利用するとのことだ。

 Cloud KMSはまずは日本、米国を含む一部地域で提供される。Cloud KMSの導入により、GCPは暗号鍵の管理について包括的な選択肢を提供することになるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算