編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
調査

クラウドグループウェア導入企業の3割が遅延を経験--A10

NO BUDGET

2017-01-19 18:41

 A10ネットワークスは1月11日、首都圏の100億円以上の売り上げのある上場企業150社を対象に実施した「クラウド型グループウェアの利用動向に関する調査」の結果を発表した。

 クラウド型グループウェアの導入状況については、首都圏の上場企業150社の約半数(46%)がクラウドグループウェアを導入している。最も導入が多かったクラウドグループウェアは「Microsoft Office 365」で、導入企業の約3分の1が利用している。未導入と回答したうち、22%の企業が導入を検討していると回答している。


首都圏上場企業150社におけるクラウドグループウェア導入状況

クラウドグループウェア導入企業の、遅延発生と懸念に対する状況

 遅延発生と懸念に対する状況については、導入企業の中で、クラウドグループウェアおよび利用中のアプリケーションの遅延を経験していると回答した企業は12%。将来的な遅延の発生を懸念していると回答した企業は23%に上った。また、同じくクラウドグループウェアを導入している企業のうち、16%の企業はネットワーク全体のパフォーマンスの低下を経験していることが分かった。

 調査は2016年8月~9月に、ネットワーク担当者への聞き取る形式で実施した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]