編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

コープネット、分析ソフトウェア導入で新規会員向けキャンペーンに効果

NO BUDGET

2017-01-20 07:15

 生活協同組合連合会コープネット事業連合は、顧客の行動を分析するためのソフトウェア「SAS Customer Intelligence 360」を導入した。「コープデリeフレンズ」を中心とするデジタルチャネルでの組合員の購買行動を理解し、組合員に合った情報やパーソナルな体験を提供する。

 コープネットはCustomer Intelligence 360をPCとスマートフォンサイトに導入し、新規入会組合員向けのキャンペーンを実施した。Customer Intelligence 360により、ウェブサイト上で新規組合員を特定し、組合員に合った商品プレゼントのポップアップを表示。キャンペーン申込ページに誘導した結果、新規組合員のキャンペーン参加者を増加させることに成功したという。

 コープネットは今後、デジタルチャネルでのカスタマーエクスペリエンスの強化とともに、マーケティング施策を高度化し、施策実施コストを削減するとしている。


SAS Customer Intelligence 360が「コープデリeフレンズ上」で個人を特定し、パーソナルなメッセージを配信

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]