編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る
農業 × IoTが導く世界

農業ICTクラウドサービス導入でハウス環境を可視化--オリックス八ヶ岳農園

NO BUDGET

2017-01-20 07:45

 NECは1月11日、オリックス八ヶ岳農園に、農業ICTクラウドサービスを提供したと発表した。このサービスは、NECのIoT/M2Mソリューション「CONNEXIVE」を活用したもの。

 同サービスでは、ハウス内に設置している温度・湿度・炭酸ガス濃度・照度・水温を計測するセンサからの情報を収集し、NECのクラウドに蓄積する。蓄積された情報を閲覧する際には、グラフ化された形式で表示され、遠隔地からでもPCやスマートフォンからリアルタイムに把握できる。高温・低温などハウス内の異常を検出すると、即時に電子メールで通知する。

 オリックス八ヶ岳農園は、長野県諏訪郡原村の本多園芸とオリックスが共同で設立した農業法人。2015年9月より、長野県八ヶ岳高原の太陽光利用型水耕栽培施設で、ほうれん草やルッコラなどを生産している。

 遠隔地でもハウス内の状況を把握できることで、現場での状態確認を行う作業負荷が軽減し、収集したデータを活用して生産ノウハウの共有、蓄積が容易になる。NECとオリックス八ヶ岳農園では、こうした仕組みを利用することで、生産効率の向上、品質・生産量の安定化などが期待できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]