編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

変革が加速するストレージ分野--2017年もさらなる飛躍の年に?

Robin Harris (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-01-23 06:30

 2016年には、世界最大のストレージ企業であるEMCがDellの傘下に入るなど、ストレージ関連でのビッグニュースがあった。しかし、これだけですべてが終わったわけではない。ストレージ業界における変革のペースは加速してきている。それはわれわれにとって喜ぶべき話なのだ。


2017年、ストレージ分野が飛躍する
提供:Robin Harris

 ストレージ分野のペースは加速し続けており、その影響は時とともに増大している。デジタルストレージはデジタル文明の中心に位置しており、IT化が進めば進むほど、われわれはストレージ技術の進歩に依存するようになっている。本記事では、ストレージ分野で2017年に起こりそうなものごとについて解説する。

人工知能(AI)

 人工知能(AI)がデータの蓄積を生み出すようになる。このため、ストレージの価値はより高まっていく。既に現在行われているように、誰かの身元を洗い出す目的で、画質の粗い監視カメラの映像や、ぼやけた人物画像、車のナンバープレートを、AIを使って読み取るといったことを考えた場合、その用途が何であれデータの蓄積に対する価値は高まっていく。

 AI革命の勢いが日増しに強まるなか、研究者らはデータの蓄積から価値を生み出すために、機械知性のさまざまな応用分野を考え出すはずだ。われわれは民主主義社会に身を置いているという点を考えた場合、情報機関や企業におけるAIの使われ方に対して発言権を持つようになるはずだと願いたい。

不揮発性メモリ(NVRAM)

 ノートPCに不揮発性メモリ(NVRAM)が搭載されるようになる。2017年はIntelから(そして願わくは他社からも)メインストリームとなる初のNVRAM製品が発売されるはずだ。IntelのNVRAM SSDによって1000倍もの高速化が達成されるわけではないが、速度と耐久性が増すのは間違いない。ただ、NANDフラッシュベースのSSDと比べると当然ながら価格は高くなる。

 しかしより重要なのは、NVRAMと標準RAMを組み合わせるかたちでメインメモリを拡張した初のNVRAM搭載ノートPCが登場したり、業界が言うところのストレージクラスメモリ(SCM)としての利用事例が出てくるという点だ。新技術によって速度とコスト、密度の関係が新たなものになるというのは、目新しい話ではない。IBMが1979年に市場に投入した「System/38」でも同様のことが起こっている。高密度化によって、数百ギガバイト、さらにはテラバイト級のメインメモリを搭載したサーバやノートPCという世界への道が開けるのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]