編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

JCBとISID、観光向けチャットbotを開発、シリコンバレーで実証実験

ZDNet Japan Staff

2017-01-18 14:38

 ジェーシービーと、電通国際情報サービス(ISID)のオープンイノベーションラボ(イノラボ)は1月17日、利用者とのチャット上でのコミュニケーションを、AIを用いて自動で行う「チャットbot」で海外観光ガイドを提供するサービスを開発したと発表した。1月23~27日まで、日本から米国シリコンバレーを訪問する旅行者を対象に実証実験を実施する。

 今般開発したサービスは、観光地や商業施設などをガイドする各種情報を、チャットbotを通して旅行者に提供する。旅行者は、LINEやFacebook Messengerのチャットから質問を投げかけるか、メニューから調べたい情報を検索することで、回答を得られる。また、旅行者の入力内容を元に、観光地や商業施設側からプッシュ型で旅行者に情報発信する機能も実装しており、旅行者の回遊や消費行動を促すとした。

 この実証実験は、本サービスが利用者の行動に与える影響ならびに利用者の満足度の測定と、運用面での課題抽出を目的に実施する。サンフランシスコの観光ガイド、市内大型商業施設「ウエストフィールド」の案内を中心とした情報、ツアー旅程情報をチャットbotで提供。 満足度の測定と運用面の課題を抽出するという。


チャットbotを通して観光ガイドを提供

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]