CA World

コンテナ、クラウドがアプリケーションに与える影響は大きい - (page 3)

末岡洋子

2017-01-20 07:00

--日本ではAPM分野でNew Relicも人気だ。市場の競争をどう見ている?CAの競合優位性は?

 NewRelicは軽量のAPMで、開発での利用に適している。これに対し、CAは拡張性に優れ、大規模な運用シナリオで利用できる。顧客の中には開発でNewRelic、運用環境ではCAと、両方のAPMを使い分けているところもある。

 CAのAPMの差別化は、CAはインフラ管理ソリューションをそろえており、インフラ管理の「CA Unified Infrastructure Management」、ネットワークインフラ監視の「CA Spectrum」と、ネットワーク、サーバ、インフラ、クラウドと幅広く、かつ深いレベルで詳細なモニタリングが可能だ。分析ソリューションを利用してAPMを接続できる。NewRelicやAppDynamicsはインフラ管理技術を持たないので、アプリケーションについての情報は得られても、それを支えるクラウドサービスやネットワークの情報は得られない。

--APMでの今後の取り組みは?

 分析を使ってCAのモニタリング技術を結びつける。APMはその1つだが、Application Delivery Analysis、NetFlow Analysis、Unified Infrastructure Management、CA Spectrumなど8~10種類のツールを接続できると見ている。これは顧客に大きなメリットをもたらすだろう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]