編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

FFRI、標的型攻撃ソフト「yarai」新版--DLL型ランサムウェアへの対応強化

NO BUDGET

2017-01-23 15:58

 FFRIは、標的型攻撃対策ソフトウェアの新版「FFRI yarai Version 2.8」を1月19日にリリースした。DLL型ランサムウェアやマクロスクリプトへの対策を強化している。

 DLL型ランサムウェアは、不正なDLLを正規のプログラムに読み込ませることで、正常なプログラムを装いながら悪意ある動作を行う。また複数の手順や命令を自動的に実行させるマクロスクリプトを実行してマルウェアに感染させる攻撃手法は2014年後半から増加傾向にある。

 FFRI yaraiは、シグネチャやパターンファイルなどに依存せず、サイバー攻撃を検知、防御する。標的型攻撃で利用される攻撃の特徴を複数の独自技術でさまざまなな角度から分析し、未知の脅威にも高い精度で対応できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]