編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ネットジャパン、バックアップソフト「ActiveImage Protector」新版提供

NO BUDGET

2017-01-24 12:45

 ネットジャパンは、システムバックアップソフトウェアの新版「ActiveImage Protector 2016 R2 SP1」の提供を1月19日に開始した。税別価格はサーバ向けが1~4ライセンスで13万1900円。

 ActiveImage Protectorは、Windowsを停止せずにハードディスク内のOSや設定、アプリケーションやデータもまとめてイメージファイルとしてバックアップできる。障害発生時には、イメージファイルをそのまま戻すだけで復元できる。

 重複排除圧縮処理をイメージファイルのバックアップ時に同時に進める独自の「インライン重複排除圧縮機能」を持ち、データを最大30%のサイズまで圧縮できる。バックアップイメージファイルから仮想化変換をせずに仮想マシンとして即時起動できるImageBootの機能も備えている。

 新版では、Windows Server 2016に対応し、リモート接続時のコンソール起動速度が改善された。増分バックアップを作成するために必要なトラッキングドライバーを改善し、ホットバックアップ時の確実性が向上させている。

 8Tバイトを超えるデータを持つボリュームに対してもパフォーマンスを維持して、重複排除圧縮のバックアップが可能となり、重複排除圧縮時のバックアップ速度が従来比で約30%高速になった。バックアップ時間は従来の3分の2に短縮できると説明している。

 ImageBootは、VirtualBoxやHyper-V Server 2016、VMware Workstation Version 12に対応する。加えて、前回の終了時から継続して再使用が可能となり、バックアップの起動確認に加え、継続的に仮想マシンを使用できるようになった。これにより、短期間の代替サーバとして使用できるようになり、本体復旧時に代替運用した部分を含めてイメージファイルとして復元できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]