イノベーションを実現することで収益10億ドル増も--アクセンチュア調査

NO BUDGET 2017年01月28日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国アクセンチュアは11月29日、世界9カ国8業界におけるフォーブス・グローバル2000ランキング企業を対象とした、イノベーションに関する調査結果を発表した。調査では、合計351社の最高技術責任者(CTO)、エンジニアリングやイノベーションを担当する事業部長・副部長、もしくはこれらに相当する役職者に対するインタビューを行い、各社のイノベーションの取り組み状況と業績を分析している。それによると、イノベーション力や製品開発力の差別化を図っている企業は、年換算の収益が同業他社に比べて3〜7%高いことが判明し、これにより際立ったイノベーション力と企業成長には明確な相関関係があることが分かったとしている。アクセンチュア日本法人が1月24日、抄訳で伝えた。


イノベーション力や製品開発力の差別化に注力する企業の年換算収益の高さを、同業他社と比較

 調査においてはイノベーションの手法や能力に関する先進性を分析し、その上位20%の企業をリーダー企業と定義している。このリーダーとして定義された企業は、年換算で同業他社の収益を3.5〜7%上回っており、営業利益も同様に上回っていることが分かった。

 そしてアクセンチュアの試算によると、自動車業界の企業がこうしたイノベーションを実現することで、年間で最大10億ドルの収益増を見込めるという。こうした収益増は他の業界でも同様で、消費者向けテクノジー業界では6億3300万ドル、医療テクノロジ業界では5億8100万ドル、産業機器業界では5億6700万ドルの収益増が見込めると予測している。

 今回の調査では、各業界のリーダー企業が重点を置いている領域もそれぞれ明らかになった。例えば、通信機器業界のリーダー企業は新規事業の育成や事業統合に注力している一方、産業機器業界のリーダー企業はイノベーション力と製品開発力の強化に重点を置き、消費財業界では企業戦略と商品戦略に一貫性を持たせることを最優先としているといった具合だ。

 そして、こうしたリーダー企業は、「注力分野のイノベーション」よりも「新規分野でのイノベーション」で差別化しているという。例えばハードウエアを主力にしてきた企業は、デジタル技術の進展によって、産業基盤が根底から覆されようとしており、ソフトウエアや新たなコネクテッド・エクスペリエンス(あらゆるモノがインターネットに繋がることで生まれる体験)に主軸を置いた戦略へ移行しようとしている。スポーツアパレル、従来型の玩具やゲームのほか、冷蔵庫などの耐久消費財といった業界では、顧客との双方向のコミュニケーションやパーソナライゼーション、製品機能を強化することで、製品のサービス化を図っている。こうした動きの先頭に立つ企業は、単に欲しい製品を顧客に尋ねるのではなく、これまで満たされなかった顧客ニーズを特定することで差別化を図っているというわけだ。


イノベーターの分類

 なお、アクセンチュアでは調査データに基づき、イノベーターを上図の4種類に分類している。業界をけん引するイノベーション企業は、「アーリー・イノベーター」か「バリュー・メーカー」のいずれかに分類されており、いずれも顧客体験の差別化を図っている点で共通している。そして残りの2種類に、業界の大半の企業が分類されているのが現状だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化