日本株展望

トランプノミクスで恩恵を受ける銘柄

ZDNet Japan Staff 2017年01月26日 12時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のポイント

  1. トランプノミクスの根幹は保護主義であり、長い目で世界経済にマイナス影響を及ぼすと考える。ただし、大規模な景気刺激策を取る方針を示していることから、短期的な効果に限定すると、世界経済にプラスと考えられる
  2. トランプノミクスで恩恵を受ける株は大きく分けて3種類と考えられる。金融株、米景気敏感株、資源関連株の3つである

 これら2点について楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

トランプノミクスは毒か薬か?

 トランプ米大統領の経済政策“トランプノミクス”の根幹にポピュリズム(大衆迎合)による保護主義があり、長い目で見て、世界経済にプラス(薬)よりもマイナス(毒)が大きいと考えられる。

 ただし、トランプノミクスで大規模な財政出動を計画していることを考えると、短期的にはマイナスよりもプラス効果が上回る可能性もある。

 米景気は、トランプ大統領がまだ何もしないうちに回復色を強めている。にもかかわらず、トランプ大統領は、これから財政出動による大規模な景気刺激策を行うと宣言している。景気刺激策は通常、景気悪化局面でやるのが常識だが、景気回復局面で大規模な公共投資や減税を行うのは前代未聞だ。それこそ、究極のポピュリズムだ。

 景気回復局面で景気刺激策をとれば、米景気を一時的に過熱させかねない。長期的には、公共投資の規模を縮小する際の景気悪化効果“財政のガケ”、悪性インフレ、財政赤字と貿易赤字の“双子の赤字”拡大といった問題を米国に生じかねない。

 ただし、そうした問題が起こるのは1年以上先の話だ。短期的には、トランプノミクスの景気刺激策が日本株にも世界の株式市場にも追い風となる可能性がある。

 今回は、トランプノミクスの長期的な問題点ではなく、短期的な株高効果だけに注目して、メリット銘柄を考えてみる。

トランプノミクスで恩恵を受ける3分野

 トランプノミクスで恩恵を受ける分野は、大きく分けて3つあると考えられる。金融株、米景気敏感株、資源関連株だ。

(1)最大のメリットを受ける金融株

 トランプノミクスで最大の恩恵を受けるのが、金融株となる見込みだ。世界的な金利低下で利ザヤ低下に苦しむ世界中の金融株が、トランプノミクスへの期待が引き起こした世界的な金利上昇によって息を吹き返すだろう。

 ウォール街(金融業界)に厳しい政策を取ると思われていたトランプ大統領は、米証券大手ゴールドマン・サックス出身者を財務長官など重要ポストに起用する方針で、金融業界に友好的と見られるようになった。

 トランプ氏は、2010年7月にオバマ大統領の署名で成立した、金融業界の規制を強化する「ドッド・フランク法(金融規制改革法)」を緩和する方針を示しており、実現すれば、金融業界に追い風だ。

 日本の金融株でも米国やアジアで積極的に事業を拡大している3メガ銀行、三菱UFJ FG(8306)、三井住友FG(8316)、みずほFG(8411)にはトランプノミクスの恩恵が及ぶと考えられる。国内事業は頭打ちだが、利ザヤが厚い海外事業に成長の期待がかかる。

 大型M&Aによって、米国事業を拡大しつつある保険会社にもメリットはありそうだ。米フィラデルフィア(損保)、米HCCインシュアランスを買収して海外事業を拡大する東京海上HLDG(8766)、米国中心に展開するエンデュランス・スペシャリティHD買収で合意したSOMPO HLDG(8630)、アジア・オーストラリアに進出しつつ米プロアクティブ生命買収も行った第一生命HLDG(8750)などに注目したい。

(2)米景気敏感株

 大規模な景気刺激策を行う恩恵は、日本の米景気敏感株に及ぶ。天然ガスを原料とする米国の塩ビ事業で高い競争力を持つ信越化学(4063)、高品質タイヤで高いブランド力を持つブリヂストン(5108)、米国でセメント事業を展開する太平洋セメント(5233)、米国やアジアで受注拡大が期待される工作機械メーカーのオークマ(6103)、牧野フライス(6135)などに恩恵が及ぶ可能性がある。

 米社買収で高成長が期待される車載半導体で世界3位に躍り出るルネサスエレクトロニクス(6723)にも期待がかかる。

 シェールオイル革命の恩恵でエネルギーコストが低下したことにより、米国では、燃費の良くない大型でパワフルなSUVの人気が復活している。米国でSUVの販売が好調なトヨタ自動車(7203)、富士重工(7270)に恩恵がある。実現性は疑問視されるものの、トランプ氏は自動車の燃費規制を緩める可能性にも言及している。そうなると、燃費の良い日本の小型車に逆風となるが、大型SUVには追い風だ。

 ただし、トランプ大統領は、日本の自動車メーカーによる米国向け輸出を敵視する発言を繰り返しており、日本車をターゲットとした規制ができると、ダメージを受けることになる。メリットとデメリットのどちらが大きくなるか、現時点でわからない。

(3)公共投資拡大やシェール開発促進で資源関連株にメリット

 昨年、中国政府がインフラ投資を拡大した効果で中国景気が持ち直し、原油や原料炭、鉄鋼石の価格が上昇した。さらにトランプ大統領のインフラ投資拡大策が伝わり、銅や亜鉛、ニッケル、アルミニウムなど、インフラ整備で需要が増える非鉄金属の価格が上昇した。これで世界中の資源関連株が息を吹き返した。

 世界中で資源開発を行い、資源権益を保有する三菱商事(8058)、三井物産(8031)など大手総合商社は、2016年3月期に資源権益で巨額の減損が発生したが、2017年3月期は資源事業の回復が追い風となる。

 トランプ大統領は、自然エネルギーの利用促進に否定的な一方、シェールガス/オイルの開発促進には意欲的だ。米国内の国有地でのシェール開発で開発認可が出やすくなると、原油価格の上昇効果もあり、北米でシェール開発が息を吹き返す。そうなると、鉱山機械で高い競争力を有する小松製作所(6301)にも恩恵がある。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]