編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

環境準備を1週間から1日に--アイスタディがクラウド移行

NO BUDGET

2017-01-31 11:03

 IT資格試験対策やビジネススキル、コンプライアンスなどの知識習得支援を目的としたe-Learningコンテンツを提供するアイスタディは、学習管理システムの顧客向けトライアル環境をOracleのクラウドサービスで構築し、環境準備期間を大幅に短縮した。

 アイスタディは「Oracle Database」認定研修会場として利用されてきた実績がある。また、人材育成に必要な仕組みを、1つのパッケージで提供する学習管理システム「iStudy LMS」を顧客ごとに開発、販売している。

 2016年12月からデータベースをクラウドで提供する「Oracle Database Cloud Service」とサーバをクラウドで提供する「Oracle Compute Cloud Service」を利用し、トライアル環境を1日で構築できるようにした。

 アイスタディはOracle Database Clouse ServiceとOracle Compute Cloud Serviceについて、オンプレミスと同じ仕組みであるため、試験環境の構築もオンプレミスの知識を活用でき、実装や管理に掛かる工数を大幅に軽減できたとしている。

 また、学習管理システムで提供される動画を含むコースの配信や、自社で作成する独自のe-Learningコースの展開を、安全でスムーズに実施できる点も評価した。

 これまでは、オンプレミス環境に企業ごとのサイトを構築して「iStudy LMS」を提供している。この環境構築には1週間ほど必要で、導入を検討するユーザー向けにトライアル環境を準備するというプランを持っていたが、迅速に用意できなかったとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]